イー・アクセス、アッカの経営にてこ入れ——経営陣も刷新か | RBB TODAY

イー・アクセス、アッカの経営にてこ入れ——経営陣も刷新か

ブロードバンド その他

 16日、イー・アクセスは、筆頭株主としてアッカ・ネットワークスの経営陣の入れ替え、事業の効率化と拡大のための対策をとることを発表した。

 発表によれば、イー・アクセスは、アッカ・ネットワークスに対して、取締役7名の選任と現任取締役3名の不再任を、アッカの第8回定時株主総会の議案として提案するとしている。イー・アクセスは15日付けで、アッカの保有株式比率を11.69%から12.68%(イー・アクセスによる16日の発表では13.1%)としてアッカの筆頭株主となっている。ちなみに、異動前の筆頭株主はNTTコミュニケーションだが、同社の保有株式数に変動はなく、11.70%のままで第2位の株主となっている。

 提案の理由としては、アッカの平成19年度決算の見込み(減収減益)と株価低迷を改善するため、経営陣を一新し、イー・アクセスのADSL事業やイー・モバイルとの連携によりアッカのDSL事業やブロードバンド通信事業を拡大することであるとしている。狙いはアッカの企業価値向上にあり、そのことでアッカ株主やADSLユーザーの利益も最大化するとしている。

 イー・アクセスが提案している経営陣の構成は以下のとおりだ。

・新任取締役4名の選任
小畑至弘氏、大坂宗弘氏、エリック・ガン氏(非常勤)、石田雅之氏(非常勤)

・現任社外取締役3名の再任
佐藤元信氏(非常勤)、佐々田法男氏(非常勤)、星野隆作氏(非常勤)

・現任取締役3名の不再任
木村正治氏、湯英彦氏、廣野公一氏
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top