マカフィー、10GイーサネットとIPv6対応のIPSアプライアンス&ソリューション | RBB TODAY

マカフィー、10GイーサネットとIPv6対応のIPSアプライアンス&ソリューション

 マカフィーは12日、10Gイーサネットに対応したネットワーク不正侵入防止(IPS)アプライアンス「McAfee IntruShieldマルチギガビットMシリーズプラットフォーム」とセキュリティソリューション「McAfee IntruShield 4.1」を発表した。

ブロードバンド その他
公開サーバーへの不正アクセス対策
  • 公開サーバーへの不正アクセス対策
 マカフィーは12日、10Gイーサネットに対応したネットワーク不正侵入防止(IPS)アプライアンス「McAfee IntruShieldマルチギガビットMシリーズプラットフォーム」とセキュリティソリューション「McAfee IntruShield 4.1」を発表した。なお、日本でのMcAfee IntruShield 4.1の提供開始時期は6月中が予定されている。

 同プラットフォームは、最大10GbpsのパフォーマンスとIPv6に対応する業界最高のポート密度が特徴。McAfee IntruShield 4.1では、「McAfee Foundstone」、「McAfee Network Access Control」、「McAfee ePolicy Orchestrator」などのセキュリティ・リスクマネジメント製品群との統合性が強化されている。具体的にはMcAfee ePolicy Orchestratorとの統合を強化したことにより、マウスの右クリックのみでホストの詳細、ホストIPSへの攻撃とスパイウェア挙動を視覚化できるようになった。

 ビヘイビア分析型のホスト隔離機能やアプリケーションの通信帯域制限機能が追加され、防御開始までの時間を大幅に短縮した。また、McAfee Foundstoneとの統合により、脆弱性の詳細情報、および攻撃と脆弱性の関連性をオンデマンドに表示するリアルタイム評価(Scan now)機能が追加された。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top