アイ・オー・データ、Giga LANDISKをDLNAガイドライン対応にする新ファームウェア | RBB TODAY

アイ・オー・データ、Giga LANDISKをDLNAガイドライン対応にする新ファームウェア

 アイ・オー・データ機器は、同社のLAN接続ハードディスク「Giga LANDISKシリーズ」を、デジタル機器の汎用接続規格「DLNAガイドライン」に対応させる新しいファームウェア、バージョン1.10の無償提供を開始した。

IT・デジタル その他
 アイ・オー・データ機器は、同社のLAN接続ハードディスク「Giga LANDISKシリーズ」を、デジタル機器の汎用接続規格「DLNAガイドライン」に対応させる新しいファームウェア、バージョン1.10の無償提供を開始した。

 DLNA(Digital Living Network Alliance)ガイドラインとは、パソコンやデジタル機器の相互接続を実現し、ホームネットワーク内で音楽、映像などをさまざまな機器から楽しむために決められた指針だ。DLNAに対応したソフトウェアがインストールされているパソコンや、「AV-LS300シリーズ」などDLNAガイドライン対応機器とは、機器どうしが相手を自動検知するので簡単に接続できる。

 今回提供される「Giga LANDISKシリーズ」のファームウェアバージョン1.10を適用すると、DLNAの策定するデジタル機器の相互接続性の標準設計ガイドライン「Home Network Device Interoperability Guidelines v1.0」に準拠する(認定取得予定)。同社製「AV-LS300シリーズ」をはじめ、各家電メーカー製のDLNAガイドライン準拠プレーヤーなら、ネットワーク接続するだけで、Giga LANDISK内のさまざまなコンテンツをテレビなどで楽しむことができる。

 新ファームウェアのアップデータは、同社のWebページ「サポートライブラリ」から無償でダウンロードできる。

 対応ファームウェア提供製品は次のとおり。
 
●HDL-GXシリーズ
 HDL-GX160/HDL-GX250/HDL-GX300
 HDL-GX400/HDL-GX500/HDL-GX750
●HDL-GZ、GWシリーズ 
 HDL-GW500U/HDL-GZ1.0TU
●HDL-Gシリーズ
 HDL-G160U/HDL-G250U/HDL-G300U
 HDL-G400U
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top