パイオニア、ネットワーク機能が充実したハイエンドモデルなどオーディオシステム2機種 | RBB TODAY

パイオニア、ネットワーク機能が充実したハイエンドモデルなどオーディオシステム2機種

IT・デジタル その他

「X-HM81-S」
  • 「X-HM81-S」
  • 「X-EM11」
 パイオニアは、Wi-Fi機能を搭載したオーディオシステム「X-HM81-S」と、コストパフォーマンスに優れるCDミニコンポ「X-EM11」の2機種を発表した。販売開始は「X-HM81-S」8月上旬、「X-EM11」が8月下旬。

 価格はオープンで、予想実売価格は「X-HM81-S」が60,000円前後、「X-EM11」が12,000円前後。

■ネットワーク機能が充実したハイエンドモデル「X-HM81-S」

 「X-HM81-S」は、Wi-Fi機能を備え、ネットワーク機能が充実したCDミニコンポのハイエンドモデル。iPhone/iPad/iPod touch、及びパソコンのiTunesライブラリーに保存した音楽データの再生が可能な「AirPlay」と、ホームネットワーク上の音楽データの再生が可能な「DLNA1.5」に対応する。さらに、インターネットラジオの再生も可能。

 本体上部にDockコネクタを備え、iPhoneを直接接続することも可能。アンプユニットはAVアンプに搭載している「Direct Power FET」を採用することにより、コンパクトなサイズながら最大出力は100W(50W+50W)を可能にしたという。また、本体に2.4型液晶ディスプレイを搭載する。

 レシーバーユニットのおもな仕様として、ワイヤレスは802.11b/g。インターフェースはUSB/3.5ステレオミニ/RCA端子/サブウーハーなど。FM/AMラジオチューナーを搭載する。本体サイズは、幅215×高さ132×奥行き353mm、重さは5.5kg。

 スピーカーユニットおもな仕様として、径2.5cmのドーム型ツィーターと、径12cmのコーン型ウーハーを採用。本体サイズは幅156×高さ266×奥行き258mm、重さは4kg。

■コストパフォーマンスに優れたCDミニコンポ「X-EM11」

 「X-EM11」はコストパフォーマンスに優れるモデルで、机や棚の上に設置可能なサイズながら最大出力20W(10W+10W)のハイパワーアンプを搭載する。スピーカーユニットは径10cmのフルレンジスピーカーを採用している。

 おもな仕様は、インターフェースはUSB/ヘッドホン/AUX IN端子。FM/AMラジオチューナーを搭載する。本体サイズ/重さは、レシーバーユニットが幅152×高さ175×奥行き215mm/1.4kg、スピーカーユニットが幅135×高さ175×奥行き198mm/1.3kg。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top