パイオニア、本体が無線LANのアクセスポイントになるワイヤレススピーカー | RBB TODAY

パイオニア、本体が無線LANのアクセスポイントになるワイヤレススピーカー

IT・デジタル その他

「XW-SMA3-K」
  • 「XW-SMA3-K」
  • 「XW-SMA1-K」
 パイオニアは、本体が無線LANのアクセスポイントとなるワイヤレススピーカー「XW-SMA3-K」「XW-SMA1-K」の2機種を発表した。価格はオープン。

 販売開始日/予想実売価格は、上位モデルの「XW-SMA3-K」が8月下旬/35,000円前後、スタンダードモデルの「XW-SMA1-K」が7月下旬/25,000円前後。

 両製品は本体自体が無線LANのアクセスポイントとなる「Wireless Direct」機能を搭載するワイヤレススピーカー。同機能を利用することで、ルータを経由することなく、スマートフォンやパソコンと直接無線LAN接続できる。

 そのほか、ホームネットワーク上の音楽データを再生可能な「DLNA」と、iPhoneなどのiTunesライブラリからの音楽再生が可能な「AirPray」にも対応する。上位機種の「XW-SMA3-K」はIPX2相当の防滴性能と、約4時間の連続使用が可能なバッテリを内蔵している。

 ワイヤレスは802.11b/g。スピーカーは2WAY3構成で、26mmのスピーカーと77mmのウーハーを2基搭載。インターフェースはUSB/LAN/3.5mmステレオミニ。本体サイズは幅320×高さ180×奥行き145mm、重さは「XW-SMA3-K」が2.5kg、「XW-SMA1-K」が2.3kg。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top