アイ・オー、HDMI端子搭載で画質と音質を追求したネットワークメディアプレイヤ | RBB TODAY

アイ・オー、HDMI端子搭載で画質と音質を追求したネットワークメディアプレイヤ

IT・デジタル テレビ
 アイ・オー・データ機器は23日、マスコミ向けの新製品内覧会を開催し、同社のネットワークメディアプレイヤーの新製品2モデル、および米Sling Media社が開発し伊藤忠商事が輸入するネットワーク配信ユニット「SlingBox」の販売開始について、それぞれ発表した。
  •  アイ・オー・データ機器は23日、マスコミ向けの新製品内覧会を開催し、同社のネットワークメディアプレイヤーの新製品2モデル、および米Sling Media社が開発し伊藤忠商事が輸入するネットワーク配信ユニット「SlingBox」の販売開始について、それぞれ発表した。
  •  アイ・オー・データ機器は23日、マスコミ向けの新製品内覧会を開催し、同社のネットワークメディアプレイヤーの新製品2モデル、および米Sling Media社が開発し伊藤忠商事が輸入するネットワーク配信ユニット「SlingBox」の販売開始について、それぞれ発表した。
  •  アイ・オー・データ機器は23日、マスコミ向けの新製品内覧会を開催し、同社のネットワークメディアプレイヤーの新製品2モデル、および米Sling Media社が開発し伊藤忠商事が輸入するネットワーク配信ユニット「SlingBox」の販売開始について、それぞれ発表した。
  •  アイ・オー・データ機器は23日、マスコミ向けの新製品内覧会を開催し、同社のネットワークメディアプレイヤーの新製品2モデル、および米Sling Media社が開発し伊藤忠商事が輸入するネットワーク配信ユニット「SlingBox」の販売開始について、それぞれ発表した。
 アイ・オー・データ機器は23日、マスコミ向けの新製品内覧会を開催し、同社のネットワークメディアプレイヤーの新製品2モデル、および米Sling Media社が開発し伊藤忠商事が輸入するネットワーク配信ユニット「SlingBox」の販売開始について、それぞれ発表した。

 ネットワークメディアプレイヤーは、同社の「AVeLシリーズ」の三代目となる「AV-LS300DW」と「AV-LS300D」の2モデル。両者の違いは無線LANへの対応。前者は無線/有線LAN共に対応、後者は有線LANのみの対応となる。

 いずれのモデルもHDMI端子を搭載。画質と音質を徹底追求すると共に、操作性を大幅に改善し、リビングに置く家電として違和感のないユーザインターフェイスを実現したのが特長。

 心臓部には従来モデルと同様、Sigma Design社のメディアプロセッサ「EM8620L」を採用。自社開発ファームウェアで安定性とデコード性能を飛躍的に向上させた。また、完全新設計のオリジナル基盤を採用。ビデオ出力回路やオーディオ回路を独立化させた基盤とすることでノイズ混入を低減したという。

 また、ユーザインターフェイスを新設計し、使いやすさを家電レベルまで高めている。

 GUIも全面的に見直されており、操作画面では、再生メディア別に大きめのアイコンを採用し、フォルダ間の移動も直感的でわかりやすいものになった。

 音楽再生の操作画面では、音楽ファイルをID3タグのジャンル別に分類表示することもでき、ジャズだけ、あるいはロックだけといったカテゴリごとの再生も可能。さらに今回の製品では、ID3タグの日本語対応も図られている。

 写真再生時のファイル一覧には、サムネイル表示を採用。目的の写真が探しやすくなった。

 ビデオ再生では、ユーザから要望が多かったレジューム再生機能を新搭載。視聴を中断すると、レジューム情報を保存し、次回再生時に中断箇所から再生できる。なお、レジューム情報は最大10個まで記憶できるという。

 操作性という面では、リモコンのレスポンスも大幅に向上した。受信した信号をサブCPUで制御することで、たとえば動画再生中であってもクイックなレスポンスを実現し、ストレスなく使うことができる。

 同製品はDLNA正式認定品で、ファームウェアとサーバアプリケーションには、大手家電メーカーやPCメーカーでの採用実績が高いDigiOn社製の「DiXiM」を採用する。ちなみに、内覧会の会場では同社のNAS製品である「HDL-GXシリーズ」が、ファームウェアアップデートによるDLNA対応版としてネットワーク接続されていた。

 そのほかの変更点として、従来製品では1ポートのみだったUSBポートを、新製品では2ポート装備するほか、USB接続可能なハードディスクのフォーマットとして、FAT16とFAT32に加えて、新たにNTFSにも対応した。

 それぞれ出荷予定時期と価格は、無線/有線LAN対応モデルの「AV-LS300DW」が6月末で37,000円、有線LAN対応モデルの「AV-LS300D」が7月中旬で33,000円となっている。
《竹内充彦》

特集

page top