格安SIM

【後悔?】ソフトバンクからUQモバイルの乗り換え手順とデメリット7つ

【図解あり】通信品質で選ぶならワイモバイルもおすすめ!


【結論】ワイモバイルは特典が豊富!デメリットが少なく使いやすい!

格安SIMに乗り換えるなら、ワイモバイルがおすすめ!3つの理由を解説

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円相当の
ボーナスプレゼント!
ワイモバイルのボタン\ネットからの申し込み限定/
契約事務手数料の3,300円が無料

公式サイト:
https://www.ymobile.jp/

「ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるべきかわからない」

「乗り換える際の具体的な手続きの手順を知りたい」

UQモバイルは、価格の安さと安定した機能性で注目を集める、いま人気の格安SIMです。

一方のソフトバンクは、大手のトリプルキャリアの一角。UQモバイルへの乗り換えで起こるデメリットが気になってしまうのも当然です。

ソフトバンクからの乗り換えによる経済効果やメリットを知って、安心して利用してみてください。

【結論】ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるメリット・注意点

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるメリット・注意点

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!
UQモバイルで公式サイトをみる\縛りなし!基本料金もそのまま/
契約解除料は0円

公式サイト:
https://shop.uqmobile.jp/shop/


【結論】ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるデメリットまとめ!

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるデメリットまとめ!

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!
UQモバイルで公式サイトをみる\縛りなし!基本料金もそのまま/
契約解除料は0円

公式サイト:
https://shop.uqmobile.jp/shop/


【結論】ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えがおすすめな理由!

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えがおすすめな理由!
毎月キャンペーン実施中!
UQモバイルの特典をチェック!

UQモバイル
  • UQモバイルのau 4G LTE:人口カバー率99.9%!
  • 実効速度4年連続No.1(※MMD研究所調べ)
  • UQ家族割:子回線から月額500円割引!
  • 節約モードなら、SNSデータ消費量ゼロ!
  • 今のスマホそのままで乗り換えOK
  • SIM変更手数料がおトク!実質0円

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!
UQモバイルで公式サイトをみる\縛りなし!基本料金もそのまま/
契約解除料は0円

公式サイト:
https://shop.uqmobile.jp/shop/

【後悔?】ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるデメリット7選

ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換える際に、起こりうるデメリットは以下の7点です。

キャリアを乗り換える際には、どうしても料金の安さに目が向いてしまいがちです。

しかしキャリアが変わると、「それまで使っていたサービスが使えなくなる」「違約金が発生して乗り換えで思わぬ費用がかかる」といったトラブルもあります。

ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換える前には、必ず上記7点のデメリットを押さえてみてください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

デメリット1. ソフトバンクよりもUQモバイルのほうが、通信速度が遅い

キャリア・格安SIM平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
ソフトバンク39.97ms78.46Mbps14.84Mbps
UQモバイル51.19ms43.66Mbps9.54Mbps

ソフトバンクをはじめとした大手キャリアの利点は、通信速度が安定していることにあります。

ネットワークも広く普及しているため、場所や環境によって左右されることがほとんどありません。

ソフトバンクとUQモバイルの平均Ping値を調べてみたところ、それぞれ39.97ms・51.19msという結果になりました。

平均Ping値とは送受信にかかる速度を指し、動画視聴やオンラインゲーム、通話アプリへの影響に関わります。

平均的な速度は36~50ms程度といわれているため、UQモバイルもそこまで悪い数値ではありません。しかし、やはりソフトバンクのほうが圧倒的です。

平均ダウンロード速度とアップロード速度は、ソフトバンクがそれぞれ78.46Mbps・14.84Mbps。

対して、UQモバイルは43.66Mbps・9.54Mbpsでした。速度では数字が大きいほど速いことを示しています。

ソフトバンクと比較すると、UQモバイルではアップロード速度にやや遅さが見られる点がデメリットです。

デメリット2. ソフトバンクで違約金が発生する恐れがある

ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換えとなると、契約解除料としての解約金が発生します。金額は最大で10,450円(税込)です。

現在ソフトバンクで提供されているプランは「基本プラン」「通話基本プラン・スマ放題/スマ放題ライト」「ホワイトプラン」「標準プラン」の4種類。

違約金はどのプランに加入しているかによって異なります。それぞれの契約解除料については以下のとおりです。

プラン契約期間解約金(税込)
基本プラン2年契約なし不要
通話基本プラン
スマ放題/スマ放題ライト
2年契約1~23カ月目:10,450円
24~26カ月目:不要
27カ月目以降:10,450円
2年契約(フリープラン)1~23カ月目:10,450円
24カ月目以降:不要
2年契約なし1カ月目:10,450円
2カ月目:7,975円
3カ月目:5,500円
4カ月目以降:不要
ホワイトプラン2年契約あり1~23カ月目:10,450円
24~26カ月目:不要
27カ月目以降:10,450円
標準プラン2年契約なし1カ月目:10,450円
2カ月目:7,975円
3カ月目:5,500円
4カ月目以降:不要

ただし、「通話基本プラン・スマ放題/スマ放題ライト」は、2019年9月をもって新規受付を終了しているため、該当者は少ないかもしれません。

また上記のとおり、契約期間次第では解約金が発生しないケースもあります。

ソフトバンクでの違約金が心配な人はまず、自身が加入しているプランを調べてみてください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

デメリット3. UQモバイルではLINEの「ID検索機能」が使えなくなる

UQモバイルでは、LINEアプリの年齢認証に対応していません。

そのため、ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えると、年齢認証が必須となる「ID検索」は利用できなくなります。

年齢認証は、ソフトバンクをはじめとした大手キャリアが、LINEと連携することで果たせる機能です。

18歳未満のユーザーを、暴力や犯罪といったトラブルから守るために提供されています。

一方で、UQモバイルなどの格安SIMでは、基本的にLINEとの連携をしていません。

「ID検索」や「電話番号での友だち検索」、「オープンチャット」に制限がかかることも、デメリットとして覚えておいてください。

デメリット4. 1カ月で使えるデータ容量がソフトバンクよりも少ない

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えると、1カ月で使えるデータ容量が少なくなってしまいます。

たとえば、ソフトバンクの「メリハリ無制限」は、月間データ容量が無制限となっているので、どれだけインターネットを使っても速度制限になることはありません。

一方のUQモバイルは、最大でも25GBまでしか使うことができず、容量を使い切ってしまうと概ね1Mbps程度の速度制限が課せられます。

1Mbpsも速度があればWebサイトやSNSの表示、標準画質での動画視聴などは可能ですが、高画質でコンテンツを楽しみたい人には不向きです。

そのため、ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えを検討する際は、事前にどれだけのデータ容量を使っているか確認してみてください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

デメリット5. 特典のクーポンや割引キャンペーンが適用されなくなる

ソフトバンクユーザーは、契約者特典としてクーポンや割引キャンペーンが付与されます。

過去には、「CYBER SUNDAY」といった特定の曜日にお得なクーポンがもらえるキャンペーンも実施されていました。

ですが、ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えることで、これらのクーポンや割引キャンペーンは適用されなくなってしまいます。

さらに、ソフトバンクユーザーは、Yahooプレミアムの利用料金が無料になる特典が適用されていますが、UQモバイルへの乗り換えに伴って割引もなくなります。

乗り換えた月からYahooプレミアムの利用料祈願発生する他、Yahooショッピングでのポイント還元率が下がるなどの弊害も出てきます。

ソフトバンクから発行されているクーポンや、Yahoo関連サービスを普段からよく利用している人は、その点を踏まえた上でUQモバイルへのお乗り換えをご検討ください。

デメリット6. ソフトバンクのキャリアメールアドレスが使えなくなる

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えると、ソフトバンクのキャリアメールが使えなくなってしまいます。

ソフトバンクでは「@softbank.ne.jp」と、iPhone専用の「@i.softbank.jp」のメールアドレスが利用可能です。

これらのキャリアメールを使ってサブスクリプションやメルマガサービスに登録している場合、UQモバイルに乗り換える前に変更手続きをしなければなりません。

UQモバイルへの乗り換え手続きが完了すると、その時点でソフトバンクのメールアドレスが廃止されてしまいます。

メールアドレスが廃止されてしまうと、その後のメールアドレス変更の手続きや二段階認証が解除できなくなってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

デメリット7. トータルでの通信費を節約したいなら固定回線の見直しも必須

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えにあわせて、毎月の通信費を節約したいなら「固定回線」の見直しも必要です。

今までソフトバンクを使っていた人のなかには、「おうち割 光セット」のために、ソフトバンク光やソフトバンクエアーを契約中の人も大勢いるかと思います。

セット割を適用すると、ソフトバンクスマホの利用料金が毎月1,100円も安くなりますが、UQモバイルに乗り換えるとセット割は適用されなくなってしまいます。

一方のUQモバイルは、自宅の固定回線を「auひかり」や「auホームルーター」にすると『自宅セット割』が適用されて、毎月のスマホ代をさらに節約できます。

とくに、auひかりでは、他社の違約金が全額還元される「乗りかえスタートサポート」というキャンペーンがあるので、利用中の固定回線の違約金がかかる場合でも安心です。

利用料金に関しても、auひかりやauホームルーターのほうが安く使えるので、トータルでの通信費を節約したい人は、固定回線についても見直してみてください。

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるメリット5選

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるメリット5選

続いて、ソフトバンクからUQモバイルに乗り換える際のメリットについて解説していきます。

UQモバイルへの乗り換えで挙げられるメリットは以下の5点です。

ソフトバンクの機能性と比較しながら、UQモバイルの特徴をチェックしてみてください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

メリット1. SIMのみ購入で最大1万円のキャッシュバック

現在、ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換えると、最大1万円(不課税)のキャッシュバックがもらえるキャンペーンをおこなっています。

対象となるのは新規での契約、またはau・povo以外の他社キャリアからの乗り換えの場合です。

キャッシュバックがもらえる条件は、以下のとおりです。

乗り換えでの契約をおこなった際は、「くりこしプランS」が6,000円(不課税)。

「くりこしプランM/L」が1万円(不課税)のキャッシュバックとなります。

期間限定のキャンペーンなので、乗り換え費用や違約金に悩んでいる人は、ぜひ積極的に利用してみてください。

メリット2.同じデータ容量でも月額料金が半額以下になる

ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換える際、大きなメリットのひとつが料金の安さです。

同じデータ容量であったとしても、UQモバイルのプランでは半額以下に収まるケースもあります。

たとえば、UQモバイルで最小となる3GBプランで比較していきましょう。

ソフトバンクの「ミニフィットプラン+」は、0~3GBまで使ったぶんだけ支払うコンパクトなプランです。

1GBなら3,278円(税込)、2GBなら4,378円(税込)、最大の3GBでは5,478円(税込)となります。

一方、UQモバイルの「くりこしプランS」では、3GBのデータ容量で1,628円(税込)。

ソフトバンクと比較すると、半額以上の3,850円もの差がついています。格安SIMで月額料金を抑えたい人は、ぜひチェックしてみてください。

メリット3. 通話料金がお得になる3つの通話オプション

「くりこしプラン」ではニーズに合わせて、以下3つの通話オプションを選ぶことができます。

「通話パック」は、30秒22円(税込)の国内通話料の月間累計額から、最大2,640円(税込)が減額されるサービスです。

オプション料は550円(税込)。ナビダイヤルなど、一部の通話は対象外となります。

対して、「かけ放題」は短い時間で何度もかけられるものと、いつでもかけ放題となる2種類のプランがあります。

料金はそれぞれ770円(税込)と1,870円(税込)です。

ソフトバンクでは1回5分以内の国内通話がかけ放題となる「準定額オプション+」が880円(税込)。

かけ放題となる「定額オプション+」が1,980円(税込)となるので、比較してみてもお得なメリットといえます。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

メリット4. iPhone5S以降の全シリーズにテザリング対応

テザリングに対応しているかどうかは、格安SIMに乗り換えた際に気になる点のひとつではないでしょうか。

テザリングとは、スマホをモバイルルーターのように利用する機能のことです。

主にWi-Fi環境のない外出先や、旅行先でのインターネット接続に活用されています。

UQモバイルでは格安SIMとしては珍しく、iPhone5S以降の全シリーズにテザリング対応しています。

ソフトバンクユーザーであればうれしいメリットです。

また、Androidスマホであっても対応している機種もあるため、契約前には公式の「動作確認済み端末一覧」で確認してみてください。

メリット5. 全国120店舗以上の「UQスポット」

「UQスポット」とは、全国各地にかまえるUQモバイル専門の販売ショップです。

現在までに主要都市をメインとして、約120店舗を展開しています。

専門ショップをかまえるのは、オンラインショップのみでの運営が多い格安SIMでは珍しい特徴です。

オンラインでの申し込みや、問い合わせが苦手な人も安心できるメリットといえます。

また、専任スタッフが常駐するため、トラブル時にはスマホを持ってそのまま相談に向かうことが可能です。

サポート体制の充実は、乗り換えにおいて大きなメリットになるので、ぜひ覚えておいてください。

契約前に公式の「UQスポット一覧」から、最寄りのUQスポットを確認しておくのもおすすめです。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えがおすすめな人

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えがおすすめな人

ここまでは、ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換えた際のメリットとデメリットをまとめてきました。

両者を参照してみると、乗り換えがおすすめできる人は次のとおりです。

やはり、UQモバイルに乗り換える際のメリットには、「価格の安さ」と「サポート体制の充実」が挙げられます。

とくに、現在ソフトバンクでデータ容量を余らせがちな人や、通話料金がかかっている人へのメリットは大きいです。

また、端末代を払い切って違約金を最低限にしてから、キャッシュバックキャンペーンを利用すれば負担額はほぼゼロ。

オンラインや対人でのサポートも充実しているので、安心して乗り換えられます。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換え手順

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換え手順

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換え手順は、次のとおりです。

「My SoftBank」でチェックする内容は、月額料金・データプラン量・利用状況・通話プラン・スマホ本体残金・契約更新月の6点です。

なお、ソフトバンクからの乗り換えで各店舗から申し込むと、3,300円(税込)の手数料がかかるので注意してください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるときの注意点

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるときの注意点

ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換えた際に、押さえておくべき点は次のとおりです。

基本的に注意しておく点は、ソフトバンクで使っていたサービスや割引制度になります。

またメールアドレスは、ソフトバンクのキャリアメールが使えなくなるうえ、UQモバイルは有料なので注意してください。

SIMロック解除でデータ消失のリスクもあるため、乗り換え前には必ずバックアップを取ることも重要です。

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えでよくある質問

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えでよくある質問

最後に、ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えでよくある、以下の質問について紹介します。

思わぬデメリットとならないためにも、契約前の予備知識として覚えておいてください。

乗り換えでもらえるキャンペーン特典、キャッシュバックはある?

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えで利用できる特典は、次のとおりです。

新規の場合は最大3,000円ですが、他社キャリアからの乗り換えなら最大1万円(不課税)までゲットできます。

ただし適用条件は、SIMカードのみの購入で「くりこしプランS/M/L」のいずれかでの契約となります。

くりこしプランSなら6,000円、くりこしプランM/Lなら1万円です。ぜひ利用したいデータ容量を踏まえて、チェックしてみてください。

乗り換え時に、MNP予約番号の発行・SIMロック解除は必要?

ソフトバンクから乗り換える際は、必ずMNP予約番号が必要で利用期限は15日間です。

15日を過ぎると自動的にキャンセルされるため、発行のタイミングには注意してください。

UQモバイルに乗り換える際、転入手数料はかかりませんが、SIMパッケージ代として3,300円(税込)が発生します。また、SIMロック解除も原則必須となります。

ただし解除方法は、ソフトバンクとの契約内容や製品の購入方法によって異なるため注意が必要です。

なかには、SIMロック解除対応製品の可能性もあるため、不安な場合はソフトバンクにて直接確認してみてください。

乗り換え時の機種変更や、データ移行の方法は?

機種変更やデータ移行における手順は、次のとおりです。

機種変更で必要な費用は、手数料3,300円(税込)と端末代金です。

もともともっているスマホデータの保存方法は、クラウドサービス・SDカード・パソコンソフトがあります。

自身の通信環境に合わせて、使いやすい方法で移行してみてください。

メールアドレスの設定と電話番号は、乗り換え後も引き継げる?

ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換えると、ソフトバンクで使っていたキャリアメールは使えなくなります。

そのため、新規でのメールアドレスの設定が必要です。金融機関やサービスでキャリアメールを利用している方は、契約前の確認をおすすめです。

ただし電話番号は、MNP予約番号を利用することでそのまま引き継ぐことが可能です。

メールアドレスと電話番号の違いに注意してみてください。

ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換えるメリット・デメリットまとめ

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えでは、以下のメリットとデメリットが挙げられました。

ソフトバンクと比較すると、やはりUQモバイルでは「通信速度の遅さ」が目立ちます。しかし、数値自体は格安SIMのなかでも悪くありません。

また、違約金の発生もありますが、キャッシュバックキャンペーンを利用することで相殺することが可能です。

通話オプションも豊富で、充実したサポート体制がある点もUQモバイルの強みといえます。

格安SIM初心者の人でも安心できるサービスなので、この機会にお得に乗り換えてみてください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!