富士通研、下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通研、下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発 1枚目の写真・画像

富士通研究所は10日、都市におけるゲリラ豪雨などによる被害軽減に向け、ICTを活用して下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発したことを発表した。従来の約5分の1のセンサー数で下水道全体の流れを把握・予測し、消費電力を約70%削減することを可能とする。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

ICTを活用したリアルタイムの下水道水位モニタリングシステムの例。これらの技術を適用することで、都市における下水道氾濫被害の軽減に繋げることが狙いだ(画像は同社リリースより)。
ICTを活用したリアルタイムの下水道水位モニタリングシステムの例。これらの技術を適用することで、都市における下水道氾濫被害の軽減に繋げることが狙いだ(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. パナソニックの自律搬送ロボット「HOSPI」、シンガポールの総合病院に導入

    パナソニックの自律搬送ロボット「HOSPI」、シンガポールの総合病院に導入

  2. ソフトバンクの電気事業、「ソフトバンクでんき」ブランドで展開

    ソフトバンクの電気事業、「ソフトバンクでんき」ブランドで展開

  3. 学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

    学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

  4. 家電制御から見守りまで活用可能、グラモのHEMS機器「iRemoUnit CT」が登場

  5. 女子高生が生みの親!? 金沢市発祥の人気メロンパンアイス誕生秘話

  6. 乳酸菌飲料「BF-1」がリニューアル、コンビニなどの店頭へ販路拡大

  7. ソニーとハイドロ・ケベック、大規模蓄電システムの研究会社「エスタリオン」設立

  8. 【大学受験2013】東大・京大合格発表3/10…京大は例年より遅い15:30発表

  9. エクシング、“レコード会社”大手のテイチクを傘下に

  10. 【ホンダジェット 日本初公開】性能、燃費、快適性、品質

アクセスランキングをもっと見る

page top