【画像】富士通研、下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発 (1/2)| RBB TODAY

富士通研、下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発 1枚目の写真・画像

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

ICTを活用したリアルタイムの下水道水位モニタリングシステムの例。これらの技術を適用することで、都市における下水道氾濫被害の軽減に繋げることが狙いだ(画像は同社リリースより)。
ICTを活用したリアルタイムの下水道水位モニタリングシステムの例。これらの技術を適用することで、都市における下水道氾濫被害の軽減に繋げることが狙いだ(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. ID倉庫&ID運輸……大塚倉庫が構築する物流ロジスティクス

    ID倉庫&ID運輸……大塚倉庫が構築する物流ロジスティクス

  2. ICカード&暗証番号認証付きスマートロックの数々……セキュリティや利便性向上で注目

    ICカード&暗証番号認証付きスマートロックの数々……セキュリティや利便性向上で注目

  3. 【CEATEC 2014 Vol.42】ムラタ、ロボットでチアリーディング部結成![動画]

    【CEATEC 2014 Vol.42】ムラタ、ロボットでチアリーディング部結成![動画]

  4. 【Interop 2014 Vol.7 座談会】「SIEMでセキュリティ全体をマネジメント!」(セキュリティ編)

  5. 【マイナンバーQ&A】病歴、職歴、離婚歴、資産などもマイナンバーから分かるの?<個人編>

  6. 【Interop 2013 Vol.71】オープンBEMSで効果的な節電対策を!……大塚商会

  7. 【インタビュー】e-Taxで税額控除も!ICカードリーダライタ導入の利点

  8. 日立、中間決算は増収ながら781億円の赤字に

  9. トヨタ、沖縄で小型モビリティ「コムス」のシェアリング実験

  10. DeNA、無料通話アプリ「comm」のPC版を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top