富士通研、下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通研、下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発 2枚目の写真・画像

富士通研究所は10日、都市におけるゲリラ豪雨などによる被害軽減に向け、ICTを活用して下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発したことを発表した。従来の約5分の1のセンサー数で下水道全体の流れを把握・予測し、消費電力を約70%削減することを可能とする。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

地形や降雨など多くの情報から求めた水位変化の相関により、下水が上流から下流に流れるのに必要な時間を考慮して水位変化の関係性を算出することが可能(画像は同社リリースより)。
地形や降雨など多くの情報から求めた水位変化の相関により、下水が上流から下流に流れるのに必要な時間を考慮して水位変化の関係性を算出することが可能(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. オプテックスが防災施設向けセンサ調光型ソーラーLED照明を発売

    オプテックスが防災施設向けセンサ調光型ソーラーLED照明を発売

  2. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

    【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  3. 三菱電機、スマートハウス関連事業に本格参入……「三菱HEMS」12月発売

    三菱電機、スマートハウス関連事業に本格参入……「三菱HEMS」12月発売

  4. OKI、中小規模オフィス向けコミュニケーションシステム「CrosCoreシリーズ」発売

  5. 富士通、SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」を販売開始

  6. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  7. オムロンがパチンコの“のめり込み”防止技術! 顔認証システム活用

  8. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  9. 【連載「視点」】売上げ好調のくら寿司、ライバルはコンビニ

  10. NTT、世界最大規模の量子コンピュータを実現する新手法を確立

アクセスランキングをもっと見る

page top