津波・核シェルター、災害対策ロボットも展示……「危機管理産業展2012」(後編) 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

津波・核シェルター、災害対策ロボットも展示……「危機管理産業展2012」(後編) 2枚目の写真・画像

 SEECATでは、水難被害者などを探索できるユニークな水中ロボットなども数多く展示されていた。たとえば東陽テクニカは米国の汎用遠隔操作水中ロボット「SEAMOR ROV」や水中偵察ロボット「Seaglider」などを出展。いずれも東日本大震災で実際に投入されたものだ。

エンタープライズ フォトレポート

関連ニュース

東陽テクニカが扱う汎用遠隔操作水中ロボット「SEAMOR ROV」。オープンフレーム構造で、水深300m/600mのタイプがあり、水中の映像を見られる
東陽テクニカが扱う汎用遠隔操作水中ロボット「SEAMOR ROV」。オープンフレーム構造で、水深300m/600mのタイプがあり、水中の映像を見られる

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

    NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  2. 日産自動車、次世代車載情報通信システム「IVI」にインテルAtom採用……2013年より生産開始

    日産自動車、次世代車載情報通信システム「IVI」にインテルAtom採用……2013年より生産開始

  3. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  4. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  5. 【連載・視点】19歳はリフト代タダ!業界を動かしたビジネスモデル

  6. 警視庁のARアプリ「3Dピーポくん」……自転車の安全利用を学べるアプリ

  7. 飲食店のオーダー用タブレットの盗難を防ぐ「ワイヤレスセキュリティ」

  8. 360度のリアルタイム3Dイメージングが可能に……全方位レーザーライダー

  9. 【Tech・Ed Vol.5】OneNoteで実現した業務改革(前編)

  10. ぺんてる、書いた落書きが動き出すARアプリ「KakutoAR」公開

アクセスランキングをもっと見る

page top