齊藤京子、おいでやす小田の大声に我慢の限界「途中で抜け出そうと…」 | RBB TODAY

齊藤京子、おいでやす小田の大声に我慢の限界「途中で抜け出そうと…」

エンタメ その他
齊藤京子【撮影:こじへい】
  • 齊藤京子【撮影:こじへい】
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 日向坂46・齊藤京子が、8日放送の『キョコロヒー』(テレビ朝日系)で、おいでやす小田との初対面の印象について振り返った。


 「今週、腹が立ったこと」として挙げたのが、小田の声。齊藤は「この前、初めておいでやす小田さんにお会いして、『見ていた方だ、やっとお会いできた』と思って、そしたら予想以上の大きな声すぎた」と笑った。

 続けて、「途中で(収録を)抜け出そうと思うくらいうるさかった」とも明かし、「ここが小田さんだったとしたら、もういないかもしれない」と告白。隣にいるヒコロヒーと同じくらいの場所に小田がいたら、いなくなっていると話した。

 ヒコロヒーから「芸やから。それが小田さんの芸やから」と返されるも、「……にしてもだったんですよ」と不満の齊藤。ヒコロヒーは「なんでフォローにかぶせてくんねん」とツッコミを入れていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top