内村光良、欅坂46とのコラボダンスを回顧「一生忘れない」 | RBB TODAY

内村光良、欅坂46とのコラボダンスを回顧「一生忘れない」

エンタメ その他
内村光良【写真:竹内みちまろ】
  • 内村光良【写真:竹内みちまろ】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 内村光良が、25日放送の『あさイチ』(NHK総合)に出演。2017年の『第68回紅白歌合戦』で共演した欅坂46(現・櫻坂46)について振り返った。


 今年で4年連続で『紅白』の総合司会を務めることになった内村。ここで博多華丸が印象に残った内村のシーンとして、初の総合司会を務めた2017年、『不協和音』での欅坂とのコラボダンスを挙げ、「動きがキレがあった」「年齢から考えるとすごい」と絶賛した。

 すると内村は「あの光景は一生忘れない」と切り出し、「本番、10分前ぐらい前に 「『(欅坂の)何人かが出られないかもしれない』と言われた」と回顧。さらに「本番30秒前、あかりのついていない暗いステージにスタンバイしていると、平手さん(平手友梨奈)たちをスタッフさんが『やめておいたほうがいい』と止めていた」と証言。

 だが平手は「『私は出ます、絶対出ます』とプロ根性(で頼み込んでいた)」と述懐。ただしそれが本番が始まる30秒前だったため、あきらめたスタッフが立ち去ると、「メンバーが平手さんの背中に手を当てて『大丈夫?』『できる?』(と確認していた)」のだとか。

 その中で内村は1人立ち尽くしていたが、 「俺も慌てて背中を押さえたのが本番3秒前です」と語り、「あの光景は忘れない」と振り返っていた。またこのコラボではパフォーマンス後、平手ら3人が過呼吸に見舞われたこともニュースになった。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top