「合成みたい」10年前のジャケ写を柏木由紀が回顧!指原、篠田もいじりのコメント | RBB TODAY

「合成みたい」10年前のジャケ写を柏木由紀が回顧!指原、篠田もいじりのコメント

エンタメ ブログ
柏木由紀【撮影:小宮山あきの】
  • 柏木由紀【撮影:小宮山あきの】
 今ではすっかりAKB48の古株メンバーとなった柏木由紀。26日、自身のTwitterを更新した柏木は10年前の2010年5月26日にリリースされたAKB48の16枚目シングル「ポニーテールとシュシュ」についてつづった。


 この日、柏木は「発売から今日で丁度10年みたいです」とつづり、自身がジャケットを飾った「ポニーテールとシュシュ」の写真を公開。ジャケットには水着の写真が起用されており、卒業メンバーである小嶋陽菜、板野友美、篠田麻里子、北原里英と一緒に写る柏木の姿を確認することができる。

 小嶋の肩に手を置き笑顔を見せる自分の姿に、柏木は「隣の小嶋さんに遠慮しすぎて、私だけ合成?ってくらい距離ある」とツッコミ。さらに、手の部分を拡大した写真も公開し、「よく見たら肩触れなくて手浮いてる!笑」と続けて指摘し、「若かりしころの私! 頑張って~」とエールを送った。

 投稿には当時ジャケットで共演していた篠田から「ゆきりんこの時合成だったよね」とのコメントが寄せられ、指原莉乃からも「ゆきりんだけファンが作ったやつみたいなんきゃわ」といじりのコメントが。ファンからは「緊張が伝わる」「めちゃめちゃソフトタッチ(笑)」「懐かしい」「これぞakb全盛期」など多くの反応が寄せられている。

《松尾》

関連ニュース

特集

page top