広瀬すず、パンチの効いた“デスメタル女子”役に「だんだん気持ちよくなってしまった……」 | RBB TODAY

広瀬すず、パンチの効いた“デスメタル女子”役に「だんだん気持ちよくなってしまった……」

エンタメ 映画・ドラマ
広瀬すず【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬すず【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬すず【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬すず、堤真一【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬すず、吉沢亮、堤真一【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬すず、吉沢亮【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬すず【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬すず【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬すず、吉沢亮、堤真一、浜崎慎治監督【撮影:小宮山あきの】
 広瀬すず、吉沢亮、堤真一、浜崎慎治監督が10日、都内のチャペルで行われた映画『一度死んでみた』大ヒット祈願ミサに出席した。

 広瀬の初コメディ作品となる同作は、デスメタルバンドのボーカルをしている女子大生の七瀬(広瀬)が、ひょんなことから“仮死状態”となってしまった父親(堤)を救出するために奮闘するハートフルコメディ(3月20日から全国公開)。

広瀬すず、堤真一【撮影:小宮山あきの】

 「大ヒット祈願ミサ」では、3人はチャペルにロウソクを持って登場。牧師の朗読を聞くと聖書の上に手を重ね、「アーメン」と祈りを込め、同作のヒットを祈願した。

 「ミサに参加したのは初めて」という広瀬は、「(牧師の)言葉が素敵すぎて、劇中ではめちゃくちゃ汚い言葉が多かったので反省しました。セリフとはいえ、すみませんっていう気持ちになっちゃいました」とミサを無事に終えた感想を吐露。吉沢は「『未来は死んでみないと分からない』って言っていた牧師さんの言葉が“深い~”って思いました」と笑顔でコメントした。

広瀬すず【撮影:小宮山あきの】

 また、チャペルに来たのは「結婚式以来」という堤は、自身の結婚式で「ドタバタがあった」ことを告白。「指輪の交換の時に、妻に指輪をはめようと思ったら、ん?何かが違うって思って、(見たら)妻が右手に指輪をしていたんですよ。その瞬間は何が違うかが分からなくて……」と、思わぬハプニングがあったことを明かして、笑いを誘った。

 同作では、髪をピンク色に染め、パンチの効いた“デスメタル女子”を演じた広瀬。「公開を控えた心境は?」との問いに広瀬は、「撮影が一年半前なのでやっとかという思いもありつつ、コメディ作品は初めてなので、あまり見られたくないなという気持ちもあって、複雑な感じです。周りの皆さんが面白すぎちゃって、ちょっと(自分が)違ったかなって思う瞬間が増してきて……。温かい目で見守っていただきたいです」と控えめにアピール。

広瀬すず、吉沢亮、堤真一、浜崎慎治監督【撮影:小宮山あきの】

 これに吉沢が、「すずちゃんのコメディはめちゃくちゃ面白いし、デスメタルのライブのシーンの完成度が高すぎるので、普通に楽しめます」と広瀬の演技を絶賛すると、広瀬も「売れないバンド(の設定)だったんですけど、ライブのシーンの時に、(共演の)大友康平さんに『めちゃくちゃ売れるよ!カッコいいじゃん』って言っていただいて。スタッフさんにも『そのまま音楽番組に出れるよ』って言われて、だんだん気持ちよくなってしまいましたね」と“デスメタル女子”がハマり役だったことを、笑顔で明かしていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top