高橋惠子、24歳の“愛の逃避行”について赤裸々トーク! | RBB TODAY

高橋惠子、24歳の“愛の逃避行”について赤裸々トーク!

女優の高橋惠子が17日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ)に出演。「若かりし頃の修羅場」と題してトークを展開する。

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 女優の高橋惠子が17日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ)に出演。「若かりし頃の修羅場」と題してトークを展開する。


 高橋といえば、「俺らにとってはシンコ!」と松本人志が語る、ドラマ『太陽にほえろ!』(日本テレビ/1972年~1986年)で演じたシンコ役をはじめ、数々の作品に出演しており、今年芸能生活49年を迎える超ベテラン女優だ。

 トークでは「若かりし頃の修羅場」と題していろいろあった高橋の過去を振り返っていく。話題はもちろん、当時ワイドショーをにぎわせた24歳の時の“愛の逃避行”についても。帰国時のパニックになった空港の様子や、会見の模様を一同で振り返った後、坂上忍が改めて当時の状況を問うと、「死ぬつもりで」と、高橋の口から当時の心境が赤裸々に語られる。さらに番組には娘が登場し、知られざる高橋の私生活を暴露していく。監督・高橋伴明と結婚した高橋だが、長年間近で見てきた娘の証言で、女優vs監督の独特の夫婦げんかが明らかになる。さらに娘は、「仙人と友達」「ゴキブリを説得したことがある」と母にまつわる衝撃のエピソードを続々披露。高橋母娘の不思議ワールド全開なトークに松本も思わず「やっべー親子」とこぼし、一同が騒然となる。

 『ダウンタウンなう』(フジテレビ)は5月17日21時55分~22時52分放送。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top