登美丘高等学校ダンス部が“髭”と“胸毛”で新作パフォーマンスを生披露! | RBB TODAY

登美丘高等学校ダンス部が“髭”と“胸毛”で新作パフォーマンスを生披露!

大阪府立登美丘高等学校ダンス部が5日、東京ミッドタウン日比谷の特設会場で行われた「東京ミッドタウン日比谷」開業1周年イベント「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」に出席した。

エンタメ その他
大阪府立登美丘高等学校ダンス部【撮影:小宮山あきの】
  • 大阪府立登美丘高等学校ダンス部【撮影:小宮山あきの】
  • 大阪府立登美丘高等学校ダンス部【撮影:小宮山あきの】
  • 大阪府立登美丘高等学校ダンス部【撮影:小宮山あきの】
  • 大阪府立登美丘高等学校ダンス部【撮影:小宮山あきの】
  • 大阪府立登美丘高等学校ダンス部【撮影:小宮山あきの】
  • 大阪府立登美丘高等学校ダンス部【撮影:小宮山あきの】
  • 大阪府立登美丘高等学校ダンス部【撮影:小宮山あきの】
  • 大阪府立登美丘高等学校ダンス部【撮影:小宮山あきの】
 大阪府立登美丘高等学校ダンス部が5日、東京ミッドタウン日比谷の特設会場で行われた「東京ミッドタウン日比谷」開業1周年イベント「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」に出席した。

 3月に開業一周年を迎えた「東京ミッドタウン日比谷」は、感謝の気持ちと春を祝う同イベントを開催中。

 ゲストパフォーマーとして招待された大阪府立登美丘高等学校ダンス部のメンバーは、イギリス出身の男性ロックバンド「クイーン」のフレディ・マーキュリーを彷彿とさせる黄色の衣裳に、髭と胸毛をたくわえた姿で登場。

 先日、フジテレビ「めざましテレビ」の生放送特番で初披露された新作ダンスパフォーマンスをアレンジし、クイーンの楽曲「20th Century Fox Fanfare」「We will rock you」「we are the champions」など5曲のメドレーに合わせて、自在にフォーメーションを変えながら、生パフォーマンスを披露。

 4分15秒におよぶ圧巻のパフォーマンスに魅了された観客からは拍手が巻き起こり、「涙が出た」との感想も聞かれた。

 昨年は、荻野目洋子の楽曲「ダンシング・ヒーロー」に合わせた“バブリーダンス”が話題となった同部。

 この“バブリーダンス”に続き、新作の構成・振り付けを担当した振付師のアカネ氏は新作ダンスについて「めざましテレビさんの企画で、今回は『クイーン』をテーマにパフォーマンスを作りました。2カ月で全部構成まで仕上げました」とコメント。

 さらに、「クイーンは唯一無二の音楽とパフォーマンス、ファンに対する愛や音楽に対する熱さなどが本当にすばらしいチーム・集団です。そのクイーンの音楽をしっかりと表現しながら、私たちも唯一無二のパフォーマンスをしたいという思いを込めて作りました」と構成・振り付けの背景を明かしていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top