「データ前借り」「深夜使い放題」「10分かけ放題」、nuroモバイルがサービス強化 | RBB TODAY

「データ前借り」「深夜使い放題」「10分かけ放題」、nuroモバイルがサービス強化

IT・デジタル モバイル

nuroモバイルが新サービスの発表会を開催した
  • nuroモバイルが新サービスの発表会を開催した
  • 壇上で新サービスを説明するソニーネットワークコミュニケーションズの細井邦俊氏
  • 翌月のデータ容量を前借りできる「データ前借り」サービスを追加
  • 既存の「チャージ」や「パケットギフト」と合わせて有効なデータ活用をユーザーに提案する
  • 「nuroモバイルでんわ」は10分かけ放題に。月額利用料金は据え置かれる
  • 通話以外、データ通信はあまり使わないというユーザーがいれば毎月の利用料金を安くプランニングすることができるというモデルケースを紹介
  • 深夜1時から6時までの5時間が高速データ通信使い放題になる「深夜割プラン」
  • 端末補償は500円のオプション料金で提供。他社の端末も対象に含まれる
 ソニーネットワークコミュニケーションズは1日、MVNOサービス「nuroモバイル」に新しいメニューとなる「データ前借り」「10分かけ放題」を追加。新機能の「深夜割プラン」も立ち上げた。

 同社は同日に記者会見を開催。このほかの新しいオプションも含めたサービスの詳細をモバイル事業部門 ビジネス開発部 部長の細井邦俊氏が説明した。

nuroモバイルが新サービスの発表会を開催した
nuroモバイルが新サービスの発表会を開催した


■翌月のデータ容量を前借りできる「データ前借り」

 ユーザーがいま契約しているプランから、翌月のデータ容量を当月分として“前借り”して使えるサービス。ひと月ぶんの容量を超えてしまっても、快適な高速通信サービスを継続利用できる。細井氏は新メニュー設置の背景について「お客様からデータ容量が月末に尽きることが多く不便という声をいただく。でもチャージするほどではないという微妙なさじ加減にうまくミートする新サービスを用意した」と説明。データ容量を無駄なく、必要なだけ使えるサービスを加えて多様な顧客ニーズを捉える。

翌月のデータ容量を前借りできる「データ前借り」サービスを追加
翌月のデータ容量を前借りできる「データ前借り」サービスを追加


 前借りは1ヵ月間の上限が2GBまでと定められているが、利用回数は無制限。最低10MB以上、1MB単位から前借りできて手数料もかからない。使い切れなかったデータは翌月に繰り越せるので無駄にならない。先行するデータの「チャージ」サービスや、nuroユーザーとパケットを分け合える「パケットギフト」にも併用できる自由度の高いプラン設計とした。細井氏は「多様なサービスメニューによってお客様にデータを無駄なく、有効に使ってもらえる仕組みになっているはず。利用スタイルに合わせて使い分けてほしい」と呼びかける。

既存の「チャージ」や「パケットギフト」と合わせて有効なデータ活用をユーザーに提案する
既存の「チャージ」や「パケットギフト」と合わせて有効なデータ活用をユーザーに提案する


■nuroモバイルでんわが「10分かけ放題」に拡大

 10分以内の国内通話が回数無制限で使えるようになる。「nuroモバイルでんわ」は従来5分までのかけ放題を月額800円で提供していたが、サービス料金はそのままで10分に拡大更新した。これまでnuroモバイルでんわを利用していたすべてのユーザーを対象に、手続き不要で自動的に5分から10分に時間枠が広がる。10分を超えたぶんの通話料金は30秒10円の従量課金制だ。

「nuroモバイルでんわ」は10分かけ放題に。月額利用料金は据え置かれる
「nuroモバイルでんわ」は10分かけ放題に。月額利用料金は据え置かれる


 細井氏は壇上で「色々なお客様の電話利用を踏まえると、10分ほしいという声が多かった。音声通話が中心で、データ通信はメールやメッセージアプリに使うぐらい。少量で済む方には格安にnuroのサービスをお使いいただけるだろう」としながら、壇上で700円/2GBのプランに音声SIMと10分かけ放題のプランを足して月額2,200円からとなるプランなどモデルケースを例示した。

通話以外、データ通信はあまり使わないというユーザーがいれば毎月の利用料金を安くプランニングすることができるというモデルケースを紹介
通話以外、データ通信はあまり使わないというユーザーがいれば毎月の利用料金を安くプランニングすることができるというモデルケースを紹介


《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top