熊田曜子、自身のセクシーショットを娘にどう説明する? | RBB TODAY

熊田曜子、自身のセクシーショットを娘にどう説明する?

エンタメ その他

熊田曜子(撮影:竹内みちまろ)
  • 熊田曜子(撮影:竹内みちまろ)
36冊目の写真集を発売したばかりのグラビアアイドル・
熊田曜子が14日放送の『良かれと思って!』(フジテレビ)に出演。自身がSNSに多数あげているセクシーな写真に対する思いを語った。

 この日はママタレへの世間からの声が紹介されたが、ママタレでありながら同時にグラビアアイドルでもある熊田への意見は「家族からすれば母親のグラビア活動は嫌だと思う」「ママタレなのにSNSにエロい写真ばっかり載せている」と厳しいもの。

 スタジオ一同は家族に、熊田がどうグラビアの仕事について伝えているかに興味津々。熊田によれば夫は、出産を終えてグラビアの仕事に戻りたいと言った熊田に「今までと同じ感じだったらいいんじゃない?」と言ったのみで、その後グラビアが掲載されている雑誌をリビングにおいても一切見ている様子もないほどさっぱりしたものだという。また熊田は、将来子どもに仕事について聞かれても「ママのお仕事はこれなんだよ」と隠すこと無く答えるときっぱり。「なんで裸を見せるの?」と聞かれても「水着だよ」と答えると明かし、逆に娘が大きくなり水着姿をSNSに投稿すると言い出しても「世に出るってことは大変なんだよ」と子どものうちからしっかりと伝えていくつもりだと頷いた。

 熊田はマタニティグラビアも撮影しているが、10代の頃から刻々と自身の体を撮影してもらっている中で「女性の体はこういうものだと記してきた」記録の一環として自分から望んでの撮影だったことも告白。妊娠中ながら美しいショットに「いやらしい使われ方をする人もいるかも」とカズレーザーが口にしたが、熊田は「それはもう、手に取った方のご自由にどうぞ」と笑顔ながらプロらしい答えを返していた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top