「CDショップ大賞」は宇多田ヒカルの「Fantome」に!「後世に残したいような一枚」 | RBB TODAY

「CDショップ大賞」は宇多田ヒカルの「Fantome」に!「後世に残したいような一枚」

エンタメ 音楽

「CDショップ大賞」は宇多田ヒカルの「Fantome」に!「後世に残したいような一枚」
  • 「CDショップ大賞」は宇多田ヒカルの「Fantome」に!「後世に残したいような一枚」
  • 「CDショップ大賞」は宇多田ヒカルの「Fantome」に!「後世に残したいような一枚」
  • 「CDショップ大賞」は宇多田ヒカルの「Fantome」に!「後世に残したいような一枚」
  • 「CDショップ大賞」は宇多田ヒカルの「Fantome」に!「後世に残したいような一枚」
 「第9回CDショップ大賞2017」の授賞式が東京・Future SEVENで開催され、宇多田ヒカルの「Fantome」が大賞受賞作品として選出された。

 宇多田ヒカルの「Fantome」は8年ぶりのオリジナル・フルアルバム。初登場から4週連続でオリコン週間アルバムランキングでナンバーワンを獲得したほか、発売翌日9月29日のiTunesアルバム総合ランキングで全米3位を記録するなど、日本国内とどまらない反響を巻き起こした。

 このアルバムを選出したCDショップ店員たちは、「今回の選出されたCDはどれもレベルの高い作品ばかりでしたが、宇多田ヒカルさんの作品は群を抜いており、いろんな世代の方々に認められる本当に良い作品だと思っております。宇多田ヒカルさんが少しずつ成長を繰り返し大人になったその過程を一冊のアルバムのように綴った何年経っても色褪せない名作と言えるのではないでしょうか」「店頭演奏で幾度となく、100回以上は繰り返し流しましたが、それでもまだ飽きませんでした。聴き心地の良さと、アルバムを通して変わり続ける雰囲気の波は素晴らしいと思います」「楽曲のギミック含めさすがとうならせる仕掛けが満載。毎回驚きを 与えてくれる宇多田ヒカルらしく後世に残したいような一枚となっています」など絶賛の声が相次いだ。

 また、準大賞にはAimerの「daydream」が選出された。Aimerは2012年10月にリリースされたファーストアルバム「Sleepless Nights」で「第5回CDショップ大賞2013」にノミネートされたことも。今回準大賞に選出された「daydream」には野田洋次郎(RADWIMPS)、Taka(ONE OK ROCK)、TK(凛として時雨)、スキマスイッチ、内澤崇仁(androp)らアーティスト陣が参加しており自身最高となるオリコン週間2位にも輝いた。Aimerは実行委員から準大賞の盾を受け取ると、授賞式の喜びを語り、受賞作となったアルバムにも収録されている「蝶々結び」を授賞式で熱唱した。

 そのほかの部門賞7部門には洋楽賞にBRUNO MARS「24K MAGIC」、マエストロ賞に松任谷由実「宇宙図書館」、ライヴ作品賞にTHE YELLOW MONKEYの「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-」、クラシック賞に反田恭平「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/パガニーニの主題による狂詩曲」、ジャズ賞にWONK「Sphere」、演歌賞に山内惠介「流転の波止場」、リビジテッド賞にASIAN KUNG-FU GENERATION「ソルファ」、更に今年は特別賞としてHi-STANDARD「ANOTHER STARTING LINE」が、そして特別功労賞にSMAP「SMAP 25 YEARS」がそれぞれ選出された。

※「Fantome」のoはサーカムフレックスつき
《松尾》

編集部のおすすめ記事

特集

page top