スマートロックを標準仕様にした住宅が発売へ | RBB TODAY

スマートロックを標準仕様にした住宅が発売へ

IT・デジタル その他

「Qrio Smart Lock」は現在、BLEでスマートフォンとセキュアな接続を行い、近づいただけで解錠が行える「手ぶらで解錠機能β」を試験提供している(画像はプレスリリースより)
  • 「Qrio Smart Lock」は現在、BLEでスマートフォンとセキュアな接続を行い、近づいただけで解錠が行える「手ぶらで解錠機能β」を試験提供している(画像はプレスリリースより)
  • 「Qrio Smart Lock」のシステムイメージ。スマートロックは、民泊事業の拡大に伴い、今後、より大きな市場の成長が見込まれている(画像はプレスリリースより)
 住宅不動産事業を営むフィットと、スマートロックを手掛けるQrioの両社は5日、「Qrio Smart Lock」を標準仕様とした住宅の販売を進めていく方針を明らかにした。

 「Qrio Smart Lock」は、スマートフォンから鍵の施錠・解錠を可能とするデバイスで、サムターンの上から取り付けることで、工事不要で自宅の鍵をキーレス化することができる。

 メールを使った鍵のシェアをはじめ、β版ながら、本体と通信できる距離までユーザーが近づいた際に自動で解錠する「手ぶらで解錠機能β」の機能も提供されている。

 フィットは自社で手掛ける不動産案件において、「Qrio Smart Lock」を標準仕様とした住宅の販売を行っていく。また、賃貸物件でも内観見学時の鍵受け渡しの簡略化などにメリットがあり、民泊事業では大きな活用が見込まれるため、積極的に導入することを予定しているという。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top