セコムグループのセキュリティ・コンパクトマンションの情報発信拠点がオープン | RBB TODAY

セコムグループのセキュリティ・コンパクトマンションの情報発信拠点がオープン

IT・デジタル セキュリティ

「セキュリティマンション情報館」内の常設モデルルームのイメージ。所在地は、東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-1千駄ヶ谷ビル2Fとなっている(画像はプレスリリースより)
  • 「セキュリティマンション情報館」内の常設モデルルームのイメージ。所在地は、東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-1千駄ヶ谷ビル2Fとなっている(画像はプレスリリースより)
  • 「グローリオ コンフォート」では、現時点でのセコムホームライフが開発・販売するマンションの仕様においてフルスペックのセキュリティシステムを導入しているとのこと(画像はプレスリリースより)
 セコムグループの中で不動産事業を手掛けるセコムホームライフは、「セキュリティマンション情報館」を、18日より東京都渋谷区千駄ヶ谷にオープンした。

 同社では、「安全・安心で高品質な住まいへ」をコンセプトに、最新のセキュリティシステムの導入、「安全・安心」の暮らしを追求した防災対策をウリにした「グローリオ マンションシリーズ」を展開しており、この4月からはセコムグループの「安全・安心」のノウハウと技術力を生かした「セキュリティ・コンパクトマンション」を事業の柱として開発を強化していくことを明らかにしている。

 「セキュリティマンション情報館」は、そうした取り組みの情報発信拠点として、「安全・安心」に加え、住まいとしての「快適性」「利便性」を体感してもらうことを目的に作られ、モデルルーム的な役割を果たしつつ、個別のセミナーや相談にも対応できる施設となっている。

 なお、同社が定義する「セキュリティ・コンパクトマンション」は、1LDKまたは2LDKで構成された「グローリオ コンフォート」シリーズを指し、東京都心部に居住する単身世帯を想定したシリーズとなる。

 主な仕様としては、

・画像監視要請システム/エントランスホール、エレベーター内
・コンロ火災自動消火システム/キッチン
・壁埋め込みセキュリティ収納庫
・救急通報ボタン/浴室、トイレ、洋室のいずれか1ヵ所
・カメラ付セキュリティインターホン/住戸玄関前
・エレベーター内モニター/1Fエレベーターホール
・内廊下設計/各階共用廊下
・AED(自動体外式除細動器)/エントランスホール

 と、なっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top