スマートロックで内見を効率化、不動産情報サイト「HOME’S」が導入 | RBB TODAY

スマートロックで内見を効率化、不動産情報サイト「HOME’S」が導入

IT・デジタル その他
内見予約のイメージ画像。アプリや専用サイトから予約を行うため、仲介業者はスマートフォンで手軽に予約とスマートロックによる解錠を行うことができる(画像はプレスリリース)
  • 内見予約のイメージ画像。アプリや専用サイトから予約を行うため、仲介業者はスマートフォンで手軽に予約とスマートロックによる解錠を行うことができる(画像はプレスリリース)
 不動産物件情報サイト「HOME’S」を運営するネクストは14日、不動産会社間の物件見学業務を効率化するスマートロック対応のサービス「HOME’S PRO 内見予約機能」の提供を開始した。

 これまで不動産業界において、物件見学の際には、管理会社と仲介会社の間で予約や鍵のやりとりが必要だったため、効率面で改善の余地があった。同サービスなら、仲介会社はオンラインで見学予約でき、スマートロック導入物件であれば、物理的なキーを管理会社とやりとりせずに手元のスマートフォンを通じて受け取った解錠権限を使って、物件見学が行えて、終了後も物理キーを管理会社に返却しに行くなどの手間が省ける。

 物件の管理会社としても、物理キーだと紛失や複製といったセキュリティ面のリスクをあったが、スマートロックでは、時間指定で解錠権限を与える形となるので、利便性のみならずセキュリティ面の強化が図れる。

 対象となるのは、HOME’Sに加盟する不動産会社。「HOME’S PRO 物件流通」のひとつとして提供し、スマートロックの導入費用は別途必要となるが、サービス自体は無料で提供される。また、オンラインの見学予約に関してはスマートロックを導入していない物件でも利用可能だ。

 今夏以降は内見予約の履歴を管理会社へ提供し、物件募集やオーナー報告の精度などを向上することも可能とする予定だ。スマートロック導入物件では鍵の受け渡しも不要となるため、煩雑な手続きを大幅に軽減することができる。

 サービス開始時の対応スマートロックは「Qrio Smart Lock」となり、他のスマートロックには順次対応を検討している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top