格安SIMサービス「mineo」が30万契約突破、専用帯域サービス「プレミアムコース」のトライアル開始 | RBB TODAY

格安SIMサービス「mineo」が30万契約突破、専用帯域サービス「プレミアムコース」のトライアル開始

IT・デジタル モバイル

ケイ・オプティコム モバイル事業戦略グループ マネージャー津田和佳氏
  • ケイ・オプティコム モバイル事業戦略グループ マネージャー津田和佳氏
  • 総務省の提言、iPhoneのロック解除と追い風が吹くMVNO業界。LINEも参入し、市場が活性化している
  • マイネオは昨年の7万契約から、現在は30万契約を超えた
  • 女性ユーザーも増えている
  • 音声通話つきのSIMでメイン端末として利用する層がふえている
  • フリータンクというパケットシェアのしくみ。マイネオコミュニティならではの文化
  • 既存ユーザー向けに帯域を少数で占有できるプレミアムコースを新設。
  • eoID連携しているユーザーにうれしいギフト
 ケイ・オプティコムは5月31日、2016年度に開始するmineo(マイネオ)の新サービスとその事業戦略について記者発表を行った。同社モバイル事業戦略グループ マネージャー津田和佳氏が登壇した。

 新しい事業戦略の骨子は、サービス開始以来独自のコミュニティを形成しているmineo既存ユーザーに対するものと、これからmineoを使おうという新規ユーザーに向けてのものに分けられる。

 mineoのユーザー層は、「マイネ王」というユーザーコミュニティで対応機種、端末選び、申し込み方法、設定やサポートなどの情報を交換したり、「フリータンク」という余ったパケットをユーザーどうし共有できるサービスが機能するなど、比較的情報感度の高いユーザー層がメインという特徴があった。2015年にドコモ回線にも対応しマルチキャリア化したことから順調に加入者を増やし、今年5月には30万契約を突破した。

 津田氏によれば、契約数の増加に伴い、mineoのユーザー層も年代、性別、エリアともに拡大しているという。またデータ通信だけでなくMNPを利用した音声通話(デュアルプラン)の利用比率も66.5%(2016年2月から現在まで)に達し、「最新のiPhone 6sもSIMフリー対象となったことと合わせ、SIMフリー端末は格安スマホとして2台目端末ではなく、着実にメインの端末にシフトしている。この追い風に乗るため」(津田氏)、既存ユーザーおよび新規ユーザー向けのサービス強化の発表となった。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top