Googleマップの音声変更、前任女性アナへのねぎらいがTwitterに溢れる | RBB TODAY

Googleマップの音声変更、前任女性アナへのねぎらいがTwitterに溢れる

IT・デジタル モバイル

アナウンサーの「野口美穂」さんによる感謝のメッセージ
  • アナウンサーの「野口美穂」さんによる感謝のメッセージ
  • 「野口美穂」さんTwitterアカウント
  • 野口美穂さんによるツイート
 これでもかと多機能化が進んでいるGoogleマップ。ストリートビューや周囲のスポット検索、さらには、左上のメニューボタンから「運転モード」を開始することで、いわゆるカーナビゲーションのように音声案内も行ってくれる。

 そんな便利なGoogleマップだが、最新版でちょっとした“改悪”があり話題となっている。音声案内について、従来の人間による読み上げが終了し、機械合成のようなざらついた声に変更されたのだ。これが「イントネーションがおかしい」「読み方が適当」などとネットで不評なのだ。

 ではいままでの音声は誰が担当していたのか? 実は、アナウンサーの「野口美穂」さん(@mihonog)という方だ。公式サイト、およびTwitterアカウントのプロフィールによると、バイリンガルアナウンサー・日英フランス語司会者・通訳者・ナレーター・英語通訳案内士だという。確かな技術に裏付けられた音声だったからこそ、非常に好評だったわけだ。

 今回、Googleマップの音声からの降板について、本人はTwitterで「皆さん本当にありがとうございました!声の主より感謝の動画です。あ、こんな顔だったのかってガッカリしないでぇw」とツイートするとともに動画を公開。いままでのユーザーの利用に感謝するとともに、また別の場所で出会えるようにがんばっていくとメッセージを送っている。

 いわゆる“なかの人”の登場に、ネットでも大反響で、多くの感謝の声や応援が、野口さんのもとに寄せられている。また、その美貌に対して意外といった声もあがっており、それに「お世辞でも嬉しい☆*:.。. o(≧▽≦)o」といった回答も。一方で、新しくなった音声に対し、野口さんは「私も今日使いました。おつかれさまでしたに心がこもってなーい!とダメ出ししちゃったw」と、ちょっと辛口のコメントも寄せている。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top