広瀬すず、姉・アリスとの共演「最初で最後の気がする」 | RBB TODAY

広瀬すず、姉・アリスとの共演「最初で最後の気がする」

エンタメ その他

広瀬すず
  • 広瀬すず
  • 広瀬アリス
  • 広瀬すず/『ちはやふる』-(C) 2016映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社
女優の広瀬すずが、姉である女優の広瀬アリスと公開中の映画『ちはやふる -上の句-』で、“姉妹役で”共演を果たしたことを明かした。

すずさんは、同映画で競技かるたの女王を目指すヒロイン・綾瀬千早役を演じた。すずさんは28日(月)にTwitterで、「ちはやふるみてくださった方の中にお気づきの方もいるかと思いますが千早のお姉ちゃん綾瀬千歳役はお姉ちゃんなんだよ 広瀬姉妹で綾瀬姉妹を…」と明かした。

姉妹女優がまさかの姉妹役で共演を果たしたわけだが、すずさんいわく、「最初で最後の姉妹役の気がする」とのこと。「だってリアル姉妹がガッツリと姉妹役やってもその作品の物語とか関係性とか絶対入ってこなくない?笑」とその理由を説明し、「機会があるならやってみたい気もするけど、変な感じすぎて笑っちゃいそう。勝手な妄想」とつづった。

また姉のアリスさんも22日にブログで、『ちはやふる』出演について「姉ちゃん役笑った」とコメントしている。

広瀬すず、姉・アリスと“姉妹役”共演果たし「最初で最後の気がする」

《花》

関連ニュース

特集

page top