広瀬すずの起用は誤った?---『ちはやふる』小泉監督、明かす | RBB TODAY

広瀬すずの起用は誤った?---『ちはやふる』小泉監督、明かす

エンタメ 映画・ドラマ

広瀬すず/『ちはやふる-上の句-』舞台挨拶
  • 広瀬すず/『ちはやふる-上の句-』舞台挨拶
  • 広瀬すず&野村周平&真剣佑/『ちはやふる-上の句-』舞台挨拶
  • 野村周平/『ちはやふる-上の句-』舞台挨拶
  • 真剣佑/『ちはやふる-上の句-』舞台挨拶
  • 上白石萌音/『ちはやふる-上の句-』舞台挨拶
  • 矢本悠馬/『ちはやふる-上の句-』舞台挨拶
  • 森永悠希/『ちはやふる-上の句-』舞台挨拶
  • 『ちはやふる-上の句-』舞台挨拶
映画『ちはやふる-上の句-』が3月19日(土)に公開を迎え、主演の広瀬すずをはじめ、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希が劇中の袴姿で舞台挨拶に登壇! ついに公開を迎えた思いを語った。

累計発行部数1,600万部を超える末次由紀の人気漫画を「上の句」「下の句」の二部作で、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏監督が映画化。ヒロイン千早を中心に競技かるたに魅せられた高校生たちの青春を鮮やかに描き出す。

客席中央通路を通って、真っ赤な袴姿の広瀬さんを先頭に野村さん、真剣佑さんの“チームちはやふる”、そして瑞沢高校競技かるた部の面々が登場すると、会場は歓声と拍手に包まれた。

広瀬さんは、約1年前に衣裳合わせが行われ、撮影、プロモーションを経てようやく公開を迎えての心境を問われ「(この1年は)長いような、早いような…不思議な感覚です」と語る。この日の舞台挨拶のムードからもキャスト陣の仲の良さが伝わってくるが、広ささんは「(撮影を通じて)深まっていく絆を現場でみんなが作ってくれました。こんなに仲良くて大丈夫かな? というくらい仲良くて、助けてもらいました」とふり返る。

小泉監督は、広瀬さんと始めた顔を合わせたときの様子を述懐。「声が小さくてボソボソとしゃべる子で、これが千早? 見誤ったかな…? と思った」と明かすが「当時は16歳で普通の高校1年生の少女ですよ。その子がメジャー映画の主演というのは尋常じゃないこと。でも撮影を通じて自分のものにしていた。僕はこの1年で、彼女の特別な瞬間に巡り合えたと思います」と称賛する。広瀬さんは「嬉しすぎて、どういう反応をしたら…」とはにかみつつ、初対面の時の自身について「『大丈夫かな?』と思われた確信はありました(笑)」と語り笑いを誘っていた。

野村さんも現場でのキャストの仲の良さが作品にもたらしたプラスの影響を断言。「仲良くないと芝居ってできない。今回は素晴らしかったです」と語り、さらに「広瀬すずと上白石萌音がすごくかわいかったなと思いました。若い世代を引っ張る2人だと感じました」とべた褒めで会場を沸かせた。

真剣佑さんも「(日本での)俳優人生半年でやらせてもらったんですが、今後の俳優人生にも大きな作品であり、みんなの存在もすごく大きいです」とうなずいた。

小泉監督からは「現場でお前ら、うるさかったぞ!」という苦情も上がってきたが、広瀬さんは改めて「若さってすごいと思いました! エネルギーがすごくて、みんなに負けてられないなと思いながらやっていました」とはつらつとした表情で語り、会場は温かい拍手に包まれた。

『ちはやふる-上の句-』は公開中。

『ちはやふる-下の句-』は4月29日(金・祝)より公開。

広瀬すず、監督との“人見知り”初対面を述懐「『大丈夫かな…?』と思われた確信あった」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top