“私服センスなし女”にAKB総監督・横山! | RBB TODAY

“私服センスなし女”にAKB総監督・横山!

エンタメ その他

横山由依【写真:竹内みちまろ】
  • 横山由依【写真:竹内みちまろ】
  • 横山由依《撮影:椿山和雄》
 AKB48の横山由依が23日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日)に出演。「私服センスなしオンナ ナンバー1決定トーナメント」で優勝、“私服センスなし女NO.1”に選ばれてしまった。

 この企画は“センスの悪い女性芸能人ナンバー1”を決めるべく、番組から事前に渡されたテーマに沿って女性芸能人たちが私服を披露、“よりセンスの悪いオンナ”を逆トーナメント戦で決めていくというもの。

 一回戦の第二試合に登場した横山はタレントの春香クリスティーンと対決。「デニムコーデで青山デート」というテーマに対し横山は同じAKBの高橋みなみからもらったKISSのトレーナーに、メジャーリーガーの田中将大投手からもらったキャップという“もらいものコーデ”で登場。審査員の栗原類から「私物はありますか?」と聞かれて「デニムスカートは私物」と答え、また青山でデートということで足元は赤いパンプスにしたとアピールするも、おぎやはぎの小木博明とモデルの梅宮アンナから「カバンが合ってない」と指摘を受け、審査員の満場一致で準決勝に進出することに。

 「びっくりしましたよ。まさか」と驚きを隠せない横山は続く準決勝ではおかずクラブのオカリナと対戦。今度のテーマは「あえて柄×柄コーデ」ということで、車柄のトレーナーにチェックのスカートを同系色のネイビーで合わせて柄同士ながらもシンプルなイメージにまとめた。

 一回戦で指摘されたカバンも小木から言われた丈の長さを調整したものの、今度はモデルの益若つばさから「もっと個性的なカバンがいい」と言われてしまう。

 対するオカリナのコーデが審査員から「すごいかわいい」と高評価を受け今回も窮地に追い込まれた横山は、またしても審査員の満場一致で決勝進出を決めてしまう。

 司会の田村淳から「決勝の常連って大久保(佳代子)さんとかだよ?」と言われると横山は「ヤバイヤバイ」と恥ずかしそうにうつむく。

 その後、先ほど横山に勝利したオカリナが敗者復活戦で決勝進出を決め、横山はオカリナと大久保と3人で決勝に臨むことに。

 注目の決勝では「ピンクが似合う女性の授賞式」をテーマに争うことになった横山。パープルに近いロング丈ワンピで登場すると小木からは「ディズニーのキャスト風」だと言われモデルの大石参月からも「地味で授賞式っぽくない」と“酷評”されてしまう。

 最終審査では梅宮、益若が横山に投票。淳から「次で一票入ったら優勝」と言われると横山は「本当にそんなつもりで来てない」と青ざめた表情をみせる。

 しかし続く栗原と小木も横山に投票。屈辱の“私服センスなし女ナンバー1”の称号を手にすることになってしまう。

 対戦相手の大久保からも「みすぼらしい」と言われまさかの敗北を喫した横山は「ホントですか?」とあ然とするばかりだった。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top