au、LINEも使える“タフネスガラホ”「GRATINA 4G」を19日に発売 | RBB TODAY

au、LINEも使える“タフネスガラホ”「GRATINA 4G」を19日に発売

IT・デジタル モバイル

au春モデルで発表され、LTE、Wi-Fiに対応した“タフネスガラホ”「GRATINA 4G」を19日に発売
  • au春モデルで発表され、LTE、Wi-Fiに対応した“タフネスガラホ”「GRATINA 4G」を19日に発売
  • 「GRATINA 4G」グリーンモデル
  • 「GRATINA 4G」ピンクモデル
  • 「GRATINA 4G」ホワイトモデル
  • 「GRATINA 4G」ブラックモデル
 KDDIは15日、2016年春モデルでAndroidベースのOSを搭載したいわゆる“ガラホ”「GRATINA 4G」(京セラ製)を19日に発売すると発表した。オンラインショップでの一括購入価格は37,800円。本体カラーはグリーン、ピンク、ホワイト、ブラックの4色がラインナップされる。

 「GRATINA 4G」は、防水・防塵に加えて耐衝撃性能も備えるタフネスフィーチャーフォン。LTE、VoLTE、Wi-Fi(IEEE 802.11 b/g/n)に対応しており、多機能ないわゆるガラホモデルである。Google Playには非対応だが、LINEなど一部のアプリは利用できる。

 ディスプレイは3.4型(480×854ピクセル)、クアッドコアプロセッサ、メモリ1GB、ストレージ8GBを搭載。microSDスロット(最大32GB)を備え、カメラは800万画素1基。独自のスマートソニックレシーバー、キーパッドをなぞるとポインターの移動や画面スクロールなどの操作ができる「タッチポインター」機能も搭載する。

 そのほかワンセグ、おサイフケータイ(FeliCa)に対応。バッテリは1,500mAh、本体サイズは幅51mm×高さ113mm×奥行16.7mm、重量は130g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top