震災リスクが少ない沖縄のデータセンターを活用……中小企業向けハウジングサービス | RBB TODAY

震災リスクが少ない沖縄のデータセンターを活用……中小企業向けハウジングサービス

 キヤノンシステムアンドサポート(キヤノンS&S)とクオリサイトテクノロジーズは、沖縄のデータセンターを活用した中小企業向けハウジングサービス「お手軽運用パック」を7日から提供開始した。

エンタープライズ セキュリティ
「お手軽運用パック」の運用イメージ図。顧客はトラブルや障害発生時には、キヤノンS&Sのサポートセンターに問い合わせをするだけで適切な対応が可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 「お手軽運用パック」の運用イメージ図。顧客はトラブルや障害発生時には、キヤノンS&Sのサポートセンターに問い合わせをするだけで適切な対応が可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 「お手軽運用パック」の保守概要イメージ図。震災リスクが少ない沖縄にデータセンターを設置している点やキヤノンS&Sによる監視・保守サービスが特徴となる(画像はプレスリリースより)
 キヤノンシステムアンドサポート(キヤノンS&S)とクオリサイトテクノロジーズは、沖縄のデータセンターを活用した中小企業向けハウジングサービス「お手軽運用パック」を7日から提供開始した。

 震災リスクが少ない沖縄のデータセンターを利用し、安価で提供することを特徴としている。

 ハウジングサービスとは、顧客に代わり、サーバや通信機器をサービスの提供元が、環境が整った自社の施設に設置するサービス。顧客は、震災やトラブル発生時の事業継続に向けた備えを自前で行うよりも安価で行うことが可能となる。

 「お手軽運用パック」の構成は、データセンターの共有ラック1/8ラックスペース(5U)とデータセンターで預かるサーバー、ルーター、ファイアウォール装置の保守・監視がセットになっている。

 キヤノンS&Sが、サーポートセンターを設けて、サーバーの遠隔監視、顧客の問い合わせ対応、障害発生時のサポートを行い、沖縄に拠点を構えるクオリサイトテクノロジーズが、Ping監視、障害発生時における機器の電源状態の確認、業者交換作業の立ち会いなどを担当し、両社が相互に連携したサービスとなる。

 5Uのうち2Uに仮想化したサーバーとバックアップサーバー、残りの2UにVPNやファイヤウォール、1Uはメンテナンス用という割り当てとなる。サーバーの台数が1台か2台で価格が異なる2プランを用意。サーバーが2台の「お手軽運用パック プランA」は月額63,500円。サーバーが1台の「お手軽運用パック プランB」は月額46,500円となる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top