TOKIO・長瀬がイケメン天才医師に!「フラジャイル」実写ドラマ化 | RBB TODAY

TOKIO・長瀬がイケメン天才医師に!「フラジャイル」実写ドラマ化

エンタメ 映画・ドラマ

フラジャイル
  • フラジャイル
 TOKIOの長瀬智也が、1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「フラジャイル」で主演を務めることが明らかになった。

 同作は「アフタヌーン」で連載中の同名漫画が原作。長瀬演じる、「強烈な変人だが、極めて優秀」なイケメン病理医・岸京一郎の活躍を描く医療エンターテインメントだ。

 長瀬がフジテレビ系ドラマに主演するのは、2003年の「ムコ殿2003」以来13年ぶり。また、医師役は2001年のTBSドラマ「ハンドク!!!」でも演じていたが、今回とは真逆ともいえる半人前の研修医役だった。自分の診断が他の医師と対立しようものなら徹底的に論破するような岸のキャラクターに長瀬は「とても偏屈な男なのですが、その中には優しさもあり、ヒーロー感もあり、いろんな顔が垣間見えます。そして強烈な個性だからこそ生まれてくる面白さもあります」と話す。

 そんな長瀬が挑む病理医とは、内科医や外科医と同じ専門医の一つ。細胞や組織を観察し、患者への診断を科学的に確定させる職責を担うが、日本ではまだ約2,000人しかいない専門医だ。11月のクランクインを前に、長瀬は「病理医のことをとにかく調べたいと考えています。そして、表面よりもう一つ奥にあるものを捉えることができれば、この役をすごく楽しく演じられるのではないか、そして、このドラマにとって良い方向につながるのではないか、と思います」と役作りへの真摯な思いを語った。

 「フラジャイル」は2016年1月13日にスタート。毎週水曜午後10時に放送される。
《木村》

関連ニュース

特集

page top