13日夜に見頃のペルセウス座流星群、観測チャンスは? | RBB TODAY

13日夜に見頃のペルセウス座流星群、観測チャンスは?

ブロードバンド その他

ペルセウス座流星群の観測予想
  • ペルセウス座流星群の観測予想
  • “流星キャッチャー”画面イメージ
 ウェザーニューズは12日、三大流星群の1つである“ペルセウス座流星群”の動画を配信するサービス「流星キャッチャー」の事前登録を開始した。

 “ペルセウス座流星群”は、13日夜~14日未明が観測チャンスとなる。国立天文台によると、今年は14日が新月のため月明かりの影響がなく、12日夜~14日未明はもっとも多い時で1時間あたり30個以上の流星が見える可能性があるという。放射点は北東方向で多くの流星が観測できる見込みだ。

 「流星キャッチャー」では、視聴者参加型24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」での全国7か所からの流星生中継(13日21~24時)から、流星が流れて3分以内の動画を配信するとのこと。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の『スマートアラーム』から設定できる。

 ウェザーニューズによると、13日夜は、北海道で日本海側を中心に雲に切れ間があり、早い時間ほど流星を見られるチャンスがあるとのこと。低気圧や前線の影響を受ける東北~近畿では曇りや雨で観測には厳しい条件となりそうだ。ただし、遅い時間であればほど流星を見られるチャンスがある模様。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top