愛知県東郷町が防犯灯LED化事業のプロポーザルを実施 | RBB TODAY

愛知県東郷町が防犯灯LED化事業のプロポーザルを実施

エンタープライズ セキュリティ

自治体が防犯灯のLED化を行う際には、ESCO事業者などの包括的サービス提供が一般化しつつある(画像はイメージ)
  • 自治体が防犯灯のLED化を行う際には、ESCO事業者などの包括的サービス提供が一般化しつつある(画像はイメージ)
  • 事業募集要項や提出様式集などは同町のwebサイトからPDF/Word形式でダウンロードが可能(画像は公式Webサイトより)
 愛知県東郷町は15日、町内の防犯灯をLED化してCO2の削減や、安心安全なまちづくりを推進するための「東郷町防犯灯LED化事業」プロポーザルを実施することを同町のwebサイトなどで告知した。

 内容としては、東郷町内の防犯灯をLED化、導入に関する設計・施工・管理などを一括して業務委託する事業者からの提案を募集するものとなる。東郷町内全域の防犯灯(既存の防犯灯はおよそ2,238灯)を対象としており、履行期間は平成28年2月まで。

 提案限度額は調査委託契約が8,000,000円以内。賃貸借契約が43,804,800円以内となっている。

 提案書の受付は今月31日まで。審査結果の公表は8月中旬を予定している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top