「ウルトラマン」は親子のコミュニケーションツール 2ページ目 | RBB TODAY

「ウルトラマン」は親子のコミュニケーションツール

エンタメ その他
「ウルトラマン」座談会
  • 「ウルトラマン」座談会
  • 「ウルトラマン」座談会
  • 「ウルトラマン」座談会
  • 「ウルトラマン」座談会
  • 「ウルトラマン」座談会
  • 「ウルトラマン」座談会
  • 「ウルトラマン」座談会
  • 「ウルトラマン」座談会
 続いてウルトラマンシリーズ最新作「ウルトラマンX」のVTRを見てもらって、感想を聞いた。

 「うちの息子はきっと、ウルトラマンX見たよーってパパに報告しますね。パパが知っているウルトラマンと新しいウルトラマンがいるんだよって自慢しますね」(木津さん)

 「子供だけで盛り上がるものって結構あると思うんですけど、親と一緒に楽しめるものって実は中々ないんです。『ウルトラマンX』はそういった点でパパと子の共通の話題になりますね」(小嶋さん)

 「父親の背中を見て育つと言うように、子供ってお父さんが好きなモノから影響を受けることってあると思うんです。お父さんが忙しい時に気を引くために、父親の好きなモノを覚えたり、自分も好きになって遊ぼうとするのかなって思うんですよ」(伊東さん)

 それぞれ、親子の会話につながると感じたようだ。『ウルトラマンX』は7月14日夕方6時から番組『新ウルトラマン列伝』内で放送開始となる。

 また、最新ウルトラマンXの玩具でも親子で遊んでもらった。遊びを飽きさせない工夫や盛り上がれる機能に好感が持たれた。登場当時から続く伝統に、子供が喜ぶ演出が加わっているとの評価だ。
《non》

関連ニュース

特集

page top