渡辺謙、建設費膨張の新国立競技場に違和感 「一杯国に借金があるのに」 | RBB TODAY

渡辺謙、建設費膨張の新国立競技場に違和感 「一杯国に借金があるのに」

エンタメ ブログ
 俳優の渡辺謙が8日、2020年の東京オリンピック/パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場が建設費をめぐり揺れている問題について、Twitterでチクリと刺した。

 同競技場は当初の計画では、収容人数8万人規模のスタンドや開閉式屋根が設けられるはずだったが、建設費用の問題で見直すことに。当初費用は1625億円と想定されていたが、見直し計画では開閉式屋根や電動可動式席などを除いたにも関わらず、総工費は約900億円増の2520億円で決定した。しかし、財源の見通しが立っていないなど問題も多く指摘されている。

 この問題に渡辺は「不思議なニュース」と違和感を示し、「一杯国に借金があって建て直さなくちゃいけないのに、ずーっとお金がかかり続ける体育館を建てて世界に驚いて貰おうとする。建てちゃったから使わないと勿体ないと発電所を動かそうとする。事故が起きて人が住めなくなったことは、もう忘れたんだ。あちこちで火山は噴火してるのに」と私見を述べた。
《花》

関連ニュース

特集

page top