秋元康氏、AKB総選挙用の楽曲は272人分作る!? 「誰が1位になっても慌てないように」 | RBB TODAY

秋元康氏、AKB総選挙用の楽曲は272人分作る!? 「誰が1位になっても慌てないように」

 AKB48総合プロデューサーの秋元康氏が、6月6日に開票される「第7回AKB48選抜総選挙」用の楽曲として、立候補者全員分となる272曲を用意するという、驚きのオファーを作曲家の井上ヨシマサ氏に出している。

エンタメ ブログ
 AKB48総合プロデューサーの秋元康氏が、6月6日に開票される「第7回AKB48選抜総選挙」用の楽曲として、立候補者全員分となる272曲を用意するという、驚きのオファーを作曲家の井上ヨシマサ氏に出している。

 今回の総選挙は41枚目シングルに参加する選抜メンバーを決めるもの。前回の総選挙では1位になった渡辺麻友が、37枚目シングル「心のプラカード」でセンターに立った。

 その前の王者・HKT48指原莉乃のセンター曲は「恋するフォーチュンクッキー」、その前は大島優子センターで「ギンガムチェック」と、センターメンバーのイメージに合わせた楽曲となっているようだが、秋元氏は総選挙の事前に楽曲を用意しているらしく、今回については秋元氏が5月30日にトークライブアプリ「755」で井上氏に、「総選挙曲、早く! 今年は荒れそうなので、いつも以上に何パターンも用意しておかないと間に合わない。ゴルフと銀座をお休みして、曲を書いてください」とオファー。「立候補者272人分、272パターン、曲をお願いします」と、冗談か本気か、なんと272曲を用意するという。

 そして今月2日、「ヨシマサへ。 新曲2曲のデモ、受け取りました。いいね」と井上氏に私信を送った秋元氏。出来上がった2曲分のデモ音源には満足のようだが、すぐさま「残り270曲、早めにお願いします。6月6日は総選挙開票なので、誰が1位になっても慌てないようにしておきたいので」と急かした。残り4日で270曲……可能なのだろうか。
《花》

関連ニュース

特集

page top