シャープ、タブレット活用の学習システム「STUDYFIT」開発 | RBB TODAY

シャープ、タブレット活用の学習システム「STUDYFIT」開発

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

デジタル学習教材 小学5年生算数の例
  • デジタル学習教材 小学5年生算数の例
  • 運用イメージ図
  • システム内容
  • 各社の役割
  • 生徒側画面例
  • 教師側画面例
 シャープは23日、児童の個別学習をサポートするデジタル学習システム「STUDYFIT」(スタディフィット)を発表した。日本標準と共同開発した小学生向けデジタル教材を採用、タブレット端末に搭載して提供する。販売には日本マイクロソフトが協力する。

 「STUDYFIT」を使うことで、児童は各自のタブレット端末で学習を進めることができる。一方、教員は日々の学習履歴から児童全員の課題や理解状況を把握できる。診断結果をもとに、各児童の理解度に合わせて日々の学習を進めることが可能。また学習につまずいている児童やクラス全体の苦手領域などを分析することもできる。

 デジタル教材は、診断テストと指導問題で構成されており、国語・算数に対応する。児童用アプリケーションはWindowsタブレット向けに提供され、教員用にはサーバアプリケーションが提供される。また、学習ログや解答データの送信時のみ通信環境を利用するため、通信環境に影響されることなく学習を進めることができるのも特徴だ。

 シャープは、佐賀県教育委員会および日本マイクロソフトとともに、本システムの実証研究を佐賀県多久市で実施。一定の成果を確認するとともに、高い評価を得たという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top