MVNOのSIMを「比較検討したい」が5割も、具体的な移行方法などが未浸透 | RBB TODAY

MVNOのSIMを「比較検討したい」が5割も、具体的な移行方法などが未浸透

エンタープライズ モバイルBIZ

MVNO SIMカードの利用意向
  • MVNO SIMカードの利用意向
  • MVNO SIMカードを利用/購入しない理由
 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK)は3日、MVNO SIMカードの利用意向に関する調査結果を発表した。期間は1月29日~2月8日で、18~69歳の男女7,836名に事前調査を行い、3か月以内のスマホ購入者438名、1年以内のスマホ購入予定者430名から回答を得た。

 現在、スマートフォン販売に占めるSIMフリー端末の数量構成比は、2015年1~2月時点で1%に留まっているとのこと。ただし、家電量販店およびインターネット販売に購入チャンネルを限定すると、この割合は5%に上昇する。平均価格はおよそ26,000円となっている。

 一方、今回の調査において、まず、「SIMフリースマートフォン」について聞くと、認知度(利用している、利用したことがある、知っている、名前は聞いたことがあるの合計)は、78%。半年前の同種の調査と比較すると14ポイントの上昇を見せている。

 そこで、MVNOが提供するSIMカードについて、利用意向を聞くと、非ユーザーのうち10%が「利用したい」、48%が「比較検討したい」と回答した。ただしMVNOのSIMカードを利用しない理由として、「詳細が分からない」が、「通信速度が不安」などを大きく上回り1位となった。「SIM」サービス自体は認知が高まっている一方で、具体的なサービス内容や移行方法については、浸透していない現状が明らかとなった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top