Facebook Messenger、1年で3倍近く急拡大……ニールセン調べ | RBB TODAY

Facebook Messenger、1年で3倍近く急拡大……ニールセン調べ

ブロードバンド その他

スマホ「コミュニケーション」カテゴリおよびサブカテゴリ別利用者数
  • スマホ「コミュニケーション」カテゴリおよびサブカテゴリ別利用者数
  • スマホ「コミュニケーション」カテゴリおよびサブカテゴリ別利用率
  • 各アプリの利用者数および年代別構成比率
 ニールセンは31日、「コミュニケーション」カテゴリの最新の利用動向を発表した。同社のスマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」の利用データをもとにしたもの。

 それによると、最新時点での「コミュニケーション」カテゴリ全体でのサービス利用者は4,465万人で、スマートフォン利用者の95%を占めた。1年前(2014年2月)との比較では、コミュニケーション全体は95%で変わらず。サブカテゴリで見ると、「その他コミュニケーション」(LINEなど)は横ばい、「Eメールサービス」(Gmailなど)は3ポイントダウン、「インスタントメッセンジャー」(Facebook Messengerなど)は17ポイントアップで35%まで増加していた。

 アプリごとに見ると、スマートフォン利用者増にともない、全アプリが利用者数を伸ばしていた。特にFacebook Messengerが、約3倍(883万人)と利用者数を大きく伸長させている。

 年代別で見ても、ほぼ全年代で利用者数が増加。大きな変化はないが、50歳以上のスマートフォン利用者が増加したことで、「LINE」において、50歳以上の年代構成比が高くなっている。逆にこれにより29歳以下の割合が減少している。この傾向は、「SPモード」(ドコモのEメールサービス)でも見られた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top