史上初の“ネコ語”ドラマ!? 人気声優が演じるもセリフはすべて「にゃにゃにゃ」 | RBB TODAY

史上初の“ネコ語”ドラマ!? 人気声優が演じるもセリフはすべて「にゃにゃにゃ」

エンタメ 映画・ドラマ

「にゃにゃにゃにゃ食堂」
  • 「にゃにゃにゃにゃ食堂」
  • 第1話「にゃんで黙ってたの?」
  • 第1話「にゃんで黙ってたの?」
 全編ネコ語(!?)によるドラマ「にゃにゃにゃにゃ食堂」の第1話が26日、YouTubeのauチャンネルで公開された。

 同動画は、KDDIのプリペイド式電子マネーカード「au WALLETカード」の利用シーンを、4匹の本物のネコがコミカルに演じるもの。声をあてているのは人気声優だが、セリフは「にゃにゃにゃ」のみという、“史上初のヒューにゃんドラマ”となっている。

 物語の舞台は、ネコ以外お断りの「にゃにゃにゃにゃ食堂」。第1話「にゃんで黙ってたの?」では、いつも食堂での飲食代をまとめて支払ってくれるネコが、実はauWALLETカードでこっそりポイントを独り占めしていた……というなんだか人間世界でもありそうなエピソードが描かれている。

 そんなネコたちの声は「這いよれ!ニャル子さん」でニャル子役を務めた声優の阿澄佳奈のほか、「アイドルマスター シンデレラガールズ」の双葉杏などの声優を務める五十嵐裕美、「のんのんびより」のメインキャスト小岩井ことり、「鬼灯の冷徹」で夜叉次郎の声を務める井澤詩織の4人が担当した。

 声優陣は「(『にゃにゃにゃ』だけで)ニュアンスを変化させるのは難しい」「人間らしさと猫らしさのギャップがあって、その間をとるように『にゃにゃにゃ』だけで表現する大がかりな仕事でした」と苦労を明かす一方、「いつもはアニメなどのキャラクターにあわせて声を吹き込むけれど、実写、しかも対象が人ではなくてネコということで、とても新鮮な初体験となりました」と演技を楽しんでいた様子。

 また、人間くさいドラマを繰り広げるネコたちの動きも見どころで、自然なしぐさを撮影するためにカメラを複数台用意。実に500回以上もテイクを重ねたという。なお同動画は、第2話、第3話とシリーズ化が予定されている。



 auWALLETカードはコンビニや飲食店、インターネット決済などで利用できるプリペイド式の電子マネーカード。買い物のたびに貯まるWALLETポイントは、ネットショッピングや携帯端末の購入代金として利用できるほか、au WALLETカードにチャージして別の買い物で使うことも可能。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top