ホンダ N-BOXスラッシュ と愛犬の旅 Vol.2 | RBB TODAY

ホンダ N-BOXスラッシュ と愛犬の旅 Vol.2

エンタメ フォトレポート

ホンダ N-BOXスラッシュ とペットの旅
  • ホンダ N-BOXスラッシュ とペットの旅
  • ホンダ N-BOXスラッシュ とペットの旅
  • 純正アクセサリーが安心便利
  • ホンダ N-BOXスラッシュ とペットの旅
  • 荷室は地上57cmで犬の乗降も楽々
  • ホンダ N-BOXスラッシュ とペットの旅
  • ペット車外飛び出し防止リード
  • ペット車外飛び出し防止リードを付けたララ
ホンダ『N-BOXスラッシュ』は軽自動車の枠を大きく超えた快適感、走りの質感の持ち主である。楽園気分を味わえるインテリアカラーパッケージ「ハワイグライドスタイル」の同車で、わが家の犬たち(ラブラドールレトリーバーのマリア/9歳・雌とジャックラッセルのララ/3歳・雌)を連れ、1泊2日の旅に出た。


◆容量は充分、純正ペットアクセサリーで安心&快適度アップ

N-BOXスラッシュは犬を乗せてドライブを楽しむにも最高の1台だ。犬の乗降は地上57cmとごく低い、後席を格納しフラットフロアにアレンジした荷室側(開口部に段差なし)、大きく開くリヤドア側(開口部に段差なし)の両方からOKだ。リヤドアから乗せる場合、フロアは地上38cmと低いものの、シート座面地上高はやや高め。とはいえ小型犬でもジャックラッセルのようなジャンプ力ある犬種なら直接ジャンプ可能。シニアな大型犬のマリアだとそうはいかないが、19cmスライドする後席を最後端位置にセットすれば後席足元フロアに幅113cm、奥行き60cmもの広大なスペースが出現。まずフロアに乗って、そこから36cmの高さにあるシートに飛び乗ることができる。

軽自動車に大人2人、犬2頭を乗せ、1泊2日ドライブ旅行のための犬のマイベッド2つを含む大荷物を乗せられるのか? 「ハワイグライドスタイル」のベージュのシートを汚さずに済むのか? なんていう心配は無用だ。

たとえば前席に大人2人、後席片側を格納し荷室とつなげた縦方向に広々したカーペット面になるスペース(幅53.5×長さ145×高さ103cm)に大型犬のマリアが乗車。その横の後席部分にホンダ純正アクセサリーのペットシートプラスワン(ソフトキャリー/1万9440円)を固定して小型犬のララを乗せることができる(助手席もOK)。その状態なら犬が直接シート地に触れることもないのである。荷物は足元に小型スーツケース、後席背後の荷室部分に犬の荷物…という配置が無理なく行える。

これまで『N-BOX』になかった(現在は設定あり)、後席6:4分割スライド機構は、さまざまなシートアレンジを可能にしてくれる。例えば前席に乗員2人が乗車し、小型犬1頭の場合は小型犬が座った後席左側を前にスライドさせることで、飼い主と犬の距離が縮まり、より安心してドライブを楽しむことができるからだ。

シートに犬を直接乗せる場合は前後席のヘッドレストで固定するハンモック状のペットシートマットSサイズ(1万7280円)がぴったり。前部に肉球デザインのメッシュ窓があり、エアコンの風が届きやすく、前席の飼い主とアイコンタクトできるから快適・安心。ファスナーを開けば、足元にたらして後席6:4分割でファスナーを開くこともできるため(裏面が使える)、大型犬の乗降、汚れていない面に人が座ることも可能だからうれしい。

また、中小型犬の場合は、チャイルドシート固定用の金具に固定し、犬が左右にスルスル動けるペット車外飛び出し防止リード(Sサイズ3240円、Mサイズ3780円)を使うと安心安全だ。

犬を後席を格納しスペースアップさせた広大な荷室に乗せるなら、ペットシートマットSサイズを後席背面からたらして使うこともできる(マリアが発見した裏技である)。前席のアームレストを倒して空間を作っておけば、肉球デザインのメッシュ窓の機能もしっかり果たせるわけだ。2枚1セットで置き方自在(縦横の寸法が異なる)のペットフロアクッション(1万0800円)を敷いてあげればさらに快適だろう。(価格は全て税込み)


◆目的地は、グアムなのに和室!? の温泉宿

今回の旅の目的地は、箱根強羅の愛犬と過ごす大人のにごり湯ぐるめ宿「グアムドッグ」。東京からおよそ2時間のドライブだが、快適な空間と安定した走りのおかげで、人も犬も疲れ知らずだ。

チェックイン後は館内をぐるりと探索し、3か所あるドッグランで思いっきり遊び、走り回った。犬たちはドッグランに併設された温泉足湯にも興味津々である。マリアによれば「夕方、ドッグランで大はしゃぎするのは、宿のおいしい夕御飯に備えおなかをすかすため」ということらしい。

さて、通された客室は畳10畳に椅子とテーブルのある広縁と洗面所、温水洗浄トイレが備わり、アロマ空気清浄機など人間と犬のアメニティーもそろう、箱根のロープーウェイを見渡せる清潔で落ち着き感ある和室だった。グアムドッグなのに和室…という違和感もまたいい。

ところでグアムドッグには9頭ものドッグキャストがいる。“代表取締役”の肩書を持つコーギーのグアムくんを始め、ミニチュアダックス、ラブラドールレトリーバー、ジャーマンシェパードが勢ぞろい。館内をウロウロしていることはないけれど、頼めばあいさつに来てくれる。

天然温泉100%かけ流しのお風呂は大小ふたつあり、大のほうはチェックイン時に自身で予約。40分単位で貸し切ることができる(小のほうは空いていればいつでも入れる。大も午前0時~翌午前10時まではフリー)。入浴時、脱衣場まで犬を同伴でき、犬を部屋に残さずに済むから安心である。脱衣場に冷たい水が飲めるウォーターサーバーが用意されている配慮もうれしい。


◆食事は大満足の味とボリューム

夕食はグアムの雰囲気が演出されたレストランで午後6時にスタート。マリア、ララお楽しみの愛犬用ディナーも1500円から用意されている。

と、豪華絢爛なテーブルの上に置かれたお品書きと紙のランチョンマットにどこかで見たことのある犬たちが写っているではないか。おーっ、マリアとララである。チェックイン後、フォトスタジオで撮影してくれた写真がさっそく使われているのだ。愛犬家にはなんともうれしいディナーのスタートである。

今夜のメニューはすべて料理人でもあるオーナーの手によるもので、どれもおいしく繊細な味付け。まるでグアムの高級和食レストランにいるような気分になってしまう。マリアとララも牛肉をメインにした犬用ディナーに大満足したようだ。

これでもか! とテーブルに並ぶ本格板前フルコースを堪能し、グアムドッグキャストにあいさつをした後は、マリアとララを脱衣場まで連れて温泉タイムだ。

マリア、ララはもう何度もお泊まりドライブを経験しているから問題ないが、まだ旅に慣れていない犬や、普段から飼い主といっしょに寝ている犬もいるだろう。でも心配無用。グアムドッグはなんと愛犬といっしょに布団で寝ることもOKらしい。“わんちゃんゲスト最優先宣言!”のグアムドッグならではである。

翌朝、朝食は午前8時から。心地良いアロハなBMGが流れる中でいただく本格和朝食は、グアム日系ホテルのジャパニーズブレックファーストのようでもあった。


N-BOXスラッシュで訪れた箱根強羅の「グアムドッグ」1泊2日のドライブ旅行。思えばわが家はかつて南の島、楽園ファンだったが、犬たちと暮らし始め、マリアが歳を重ねていくうちに、海外旅行から遠ざかっていたのも事実。

でも、乗っている間中ハワイ気分でいられるN-BOXスラッシュで、犬と安心快適に泊まれる南の島気分が味わえる温泉リゾートに出かければ、もう“犬がいるからハワイやグアムに行けない”ストレスから開放されそうだ。「夏には犬用プールもオープンするんだって。マリアとララのアロハシャツを用意して準備しなくっちゃ」…マリアは早くもN-BOXスラッシュで行く、グアムドッグで過ごす夏のバカンスの予定をワンワン立てている。


グアムドッグ
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1322-20
0460-83-8178
大人1泊2食 1万8500円~(入湯税別)。犬1頭3240円

ホンダ N-BOXスラッシュ と愛犬の旅…スペースは充分、ペット用アクセの組み合わせも自在

《青山尚暉@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top