パナソニック、全ポートギガビット対応のPoE Plus給電スイッチングハブ | RBB TODAY

パナソニック、全ポートギガビット対応のPoE Plus給電スイッチングハブ

エンタープライズ セキュリティ

静音ファンの回転数を4段階に設定することが可能。データ通信遮断時の電力を抑制する省電力型イーサネット機能にも対応している(画像は同社webより)。
  • 静音ファンの回転数を4段階に設定することが可能。データ通信遮断時の電力を抑制する省電力型イーサネット機能にも対応している(画像は同社webより)。
  • 各機器との接続イメージ。PoEPlus機能があるため各ポート最大30.2Wもの電源供給とデータのやり取りを1本のLANケーブルで賄える(画像は同社リリースより)。
 パナソニックESネットワークスは、6ポートタイプのスイッチングハブ「Switch-M5eGPWR+」を3月4日から発売する。全ポートギガビット対応で、1ポートあたり約30Wまでの給電が可能なPoE Plusに対応している点が特徴だ。

 イーサポートから給電可能な規格「PoE(Power of Ethernet)」では、15.4Wの給電が規定されているが、本機種で採用されている上位規格の「PoE Plus」では、最大34.20Wの給電能力が規定されている。

 動作環境温度は50度まで対応、全ポートがギガビットに対応しており、PoE Plus対応4ポート+2ポート+SFP2スロットの構成となる。メーカー希望価格は109,800円。同シリーズは他に8、12,16、24ポートのモデルもラインナップしている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top