クラウド録画型監視カメラにオフィスでも使えるPoEモデル | RBB TODAY

クラウド録画型監視カメラにオフィスでも使えるPoEモデル

IT・デジタル セキュリティ

標準で付属する無料プランでカメラ5台までの管理が可能となっている。追加有料プランで台数の増加もでき、法人需要などにも対応する(画像はプレスリリースより)
  • 標準で付属する無料プランでカメラ5台までの管理が可能となっている。追加有料プランで台数の増加もでき、法人需要などにも対応する(画像はプレスリリースより)
  • 同社が展開する「Arlo」シリーズを使ったシステム構成例。「Arlo Q Plus」にPoEスイッチを組み合わせることで電源の確保が難しい場所でもLANケーブルを介した給電が可能になる(画像はプレスリリースより)
 ネットギアジャパンは5月31日、PoE給電で動作可能なクラウド録画型ネットワークカメラ「Arlo Q Plus」を7月中旬から発売開始することを発表した。

 同社は現在、24時間クラウド録画と音声通話に対応したクラウド録画型ネットワークカメラ「Arlo(アーロ)」やを販売しており、今回の新モデルでは、PoE受電機能とSDカードを使ったカメラ側での録画機能を追加している。

 従来モデルはコンシューマー寄りの製品だったが、今回の機能追加により法人向けのカメラソリューションとしての利用も想定しているとのこと。

 録画データはWi-Fiもしくは有線LAN経由でのアップロードが選択でき、一般的なルーターで動作するため専用のベースステーションなどを必要としない。

 カメラはフルHD1080p解像度で、広画角130度に対応。音声検知と動体検知により録画が開始され、映像をクラウドに保存しつつ、スマートフォンなどへの検知通知を行うことが可能だ。一時的にクラウド接続が出来ない場合でも、カメラ側のSDカードに映像が保存される。

 価格はオープン価格。クラウドの利用料金は保存7日間/容量1GBは無料。最大で保存60日/容量100GBで1,790円/月や、連続24時間録画などのプランも用意されている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top