グーグル、企業向けスマホ端末管理「Android for Work」提供開始 | RBB TODAY

グーグル、企業向けスマホ端末管理「Android for Work」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「Android for Work」利用イメージ
  • 「Android for Work」利用イメージ
  • 協力を表明しているパートナー企業
  • 「Android for Work」サイト
 グーグルは米国時間25日、企業のスマートフォン活用を支援する「Android for Work」プログラムを発表した。企業/個人が保有するスマートフォンを、円滑に業務利用するための各種機能を提供するものだ。

 「Android for Work」は、「仕事用プロファイル」「Android for Workアプリ」「Google Play for Work」「プリインストールアプリ」の4つの機能で構成される。「仕事用プロファイル」は、仕事専用のプロファイルを設定することで、ファイルシステムの暗号化、強制アクセス制御、マルチユーザー機能などを有効にするものだ(Android 5.0以降が対象)。また個人用アプリと承認された業務用アプリ、個人データと業務データのセキュアな併用も可能となる。

 「Android for Workアプリ」は、仕事用プロファイルが搭載されていない機種(Android 5.0より前が対象) で、アクセスの承認権を制御するための仕組みだ。これらの機種では、「Android for Workアプリ」を通して、メール、カレンダー、連絡先、ドキュメント、Webページ、承認された業務アプリへのアクセスが可能になる。

 「Google Play for Work」は、社内向けのアプリマーケットを構築できる機能。Google Play上のあらゆるアプリが仕事用プロファイル向けに展開・管理できる。

 「プリインストールアプリ」は、ExchangeおよびNotesに対応したメール、連絡先、カレンダーアプリだ。Officeファイルの編集にも対応する。

 今後はパートナー企業により、エンタープライズ モビリティ マネージメント(EMM)機能、セキュアな業務アプリ、さらには対応デバイスなどが提供される予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top