警察向けに開発した「セキュアSIM2SIM」を一般企業へ提供開始……日本通信 | RBB TODAY

警察向けに開発した「セキュアSIM2SIM」を一般企業へ提供開始……日本通信

IT・デジタル セキュリティ

高いセキュリティを保つ必要がある警察組織の通信向けに開発された「セキュアSIM2SIM」の技術を一般企業でも利用できるようになることで、IoTセキュリティの向上に期待される(画像はイメージ/撮影:防犯システム取材班)
  • 高いセキュリティを保つ必要がある警察組織の通信向けに開発された「セキュアSIM2SIM」の技術を一般企業でも利用できるようになることで、IoTセキュリティの向上に期待される(画像はイメージ/撮影:防犯システム取材班)
  • 日本通信の設立は1996年。MVNOのパイオニアとして事業を展開してきたが、今年1月にコンシューマ向けSIM事業から、MSEnabler(モバイル・ソリューション・イネイブラー)に役割を転換するという新事業戦略を発表した(画像は公式Webサイトより)
 日本通信は14日、同社が警察向けに開発したSIM認証による二点間のモバイル専用線接続通信「セキュアSIM2SIM」を、一般法人及びメーカー向けに提供を開始すると発表した。

 「セキュアSIM2SIM」は、2台の機器に装着する各SIMカードが送信する端末と受信する端末とで1対1のペアとなり、外部からのアクセスも外部へのアクセスも一切させない、独立したネットワーク構成で直通接続するモバイル専用線接続通信サービス。LTE及び3G網対応で利用する場所を選ばず、持ち出し用途にも適している。

 今年7月に各都道府県警察での導入を発表したハイセキュリティな通信サービスで、今回、IoTでのセキュリティニーズの高まりから、機器同士をモバイルの専用線で接続したいというニーズを持つ、一般法人・メーカー向けにも同サービスを提供していくことを決定したという。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top