アスクがSynology社製NASサーバー「DiskStation DS2015xs」を発売 | RBB TODAY

アスクがSynology社製NASサーバー「DiskStation DS2015xs」を発売

エンタープライズ セキュリティ

NASサーバー本体にはストレージは含まれないので別途HDDを用意、もしくは組み込みモデルでの導入となる(画像は同社webより)。
  • NASサーバー本体にはストレージは含まれないので別途HDDを用意、もしくは組み込みモデルでの導入となる(画像は同社webより)。
  • 大量のデータ処理と仮想化タスクでの使用など、高負荷環境に対応するビジネス用のNASサーバだ(画像は同社webより)。
 アスクは台湾シノロジー社製8ベイオールインワンNASサーバー「DiskStation DS2015xs」を2015年1月中旬より国内で販売開始する。店頭想定価格は20万円代後半。

 8台のSATAドライブ取り付けに対応したNASサーバーで、増設ユニットの利用を含めると最大120TBまで容量を拡張可能。クアッドコアCPU、4Gバイトのメモリ、10GbE SFP+ポートを2基装備するなど、ビジネス向けNASサーバーとして高スペックな点が特徴。

 ネットワークカメラサーバーとしては、最大40台までの監視カメラの一括管理に対応している点も特徴的だろう。1200fps/720pや600fps/1080pといったフレームレートにも対応でき、専用アプリケーションの「Surveillance Station」を使用することで、リアルタイム監視や記録データのタイムラインビューを行うことが可能だ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top