【木暮祐一のモバイルウォッチ】第64回 NTTドコモが光回線セット割発表!「auスマートバリュー」が直撃を食らう? | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第64回 NTTドコモが光回線セット割発表!「auスマートバリュー」が直撃を食らう?

NTTドコモは、携帯電話回線と光ブロードバンド回線のセット契約で毎月の利用料を割り引く「ドコモ光パック」の提供を2015年2月に開始することを、10月31日に開催した決算会見で明らかにした。

エンタープライズ モバイルBIZ
木暮祐一氏。青森公立大学 准教授/博士(工学)、モバイル研究家として活躍し、モバイル学会の副会長も務める。1000台を超える携帯コレクションを保有。
  • 木暮祐一氏。青森公立大学 准教授/博士(工学)、モバイル研究家として活躍し、モバイル学会の副会長も務める。1000台を超える携帯コレクションを保有。
  • 【木暮祐一のモバイルウォッチ】第64回 NTTドコモが光回線セット割発表!「auスマートバリュー」が直撃を食らう?
 NTTドコモは、携帯電話回線と光ブロードバンド回線のセット契約で毎月の利用料を割り引く「ドコモ光パック」の提供を2015年2月に開始することを、10月31日に開催した決算会見で明らかにした。

 これは、NTT東西地域会社の光ブロードバンド回線の卸売り解禁を受け、NTTドコモがNTT東西から光回線を借り受けて独自ブランドで光ブロードバンドサービスを提供する形態を取り、携帯電話回線と光ブロードバンド回線の両方をセットで契約する顧客に対して割引サービスを提供するものとなる。NTTドコモが提供する光ブロードバンドサービスは「ドコモ光」というブランド名で提供し、下り最大1Gbpsでサービスを行う。ISP(インターネットサービスプロバイダー)は「多様なものが選べる」としている。

 この「ドコモ光パック」の具体的な割引内容は公表していないが、NTTドコモの携帯電話(スマートフォン)とセットでの契約に対して割引を行うという。また、今夏から提供が始まったNTTドコモの新料金プランと組み合わせることで更なる割引を打ち出す。また既存のNTT東西などの光ブロードバンド回線契約者の場合、セット割を利用するには光ブロードバンド回線をNTTドコモの提供する「ドコモ光」に乗り換える必要がある。

 携帯電話とブロードバンド回線をセットで加入することで料金を割り引くセット割は2012年よりKDDIが「auスマートバリュー」を開始し、ソフトバンクも追従する形で「スマホBB割」を提供してきた。一方で、NTTグループは電気通信事業法による規制のために携帯電話回線とブロードバンド回線のセット割を提供することができなかった。

 これまで、KDDIは携帯電話回線と光ブロードバンド回線のセット割である「auスマートバリュー」によって多くの顧客を獲得してきた。今や、家庭でのブロードバンド回線やスマートフォンの活用は生活に欠かせないものとなっており、実際に筆者の周辺の一般的な家庭の利用回線などを尋ねても、KDDIが提供するセット割はスマートフォンMNP時のキャッシュバックと合わせ、非常に魅力的に感じているようだった。KDDI、ソフトバンクとも、従来はNTT東西が敷設した光ブロードバンド網を借りることで、インターネットサービスを提供してきた。しかし、これまでNTT東西が他事業社に光ブロードバンド回線を貸出す際には「1芯貸し」とし「1分岐(回線)」ごとに貸出さなかったため、KDDIやソフトバンクなど回線を借り受ける側の事業者にとっては空き分岐が発生するリスクがあり、積極的な光ブロードバンド回線の拡販ができなかった。

 このためKDDIは、「NTTに頼らない光回線を」と、当時独自に光ブロードバンド回線を提供していた東京電力の光事業「TEPCO光」を吸収し、「auひかり」として提供、これを携帯電話回線とセットで契約することで割引とする「auスマートバリュー」を打ち出すに至っていた。一方のソフトバンクは独自に光ブロードバンド回線を持っておらず、ADSLなどとの組み合わせによるセット割となり、KDDIに対して十分な対抗割引施策を打つことができない。

 こうした中、NTT東西の光回線などサービス卸の是非を巡って、総務省の「情報通信審議会 2020-ICT基盤政策特別部会」で議論され、これを容認する旨の答申案が10月20日に出たばかりだった。
《木暮祐一》

関連ニュース

特集

page top