日本の芸能界でも「アイス・バケツ・チャレンジ」が大流行 | RBB TODAY

日本の芸能界でも「アイス・バケツ・チャレンジ」が大流行

 難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知度向上のためのチャリティー活動として、氷水をかぶる姿をSNS等で公開する「ALSアイス・バケツ・チャレンジ」。海外の有名人の間で流行しているこの活動が、日本の芸能界にも広がっているようだ。

エンタメ ブログ
 難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知度向上のためのチャリティー活動として、氷水をかぶる姿をSNS等で公開する「ALSアイス・バケツ・チャレンジ」。海外の有名人の間で流行しているこの活動が、日本の芸能界にも広がっているようだ。

 この活動は、指名された者が100ドルを寄付するか、あるいは24時間以内に氷水をかぶるかを選択できるものだが、芸能人たちはこぞって氷水をかぶるパフォーマンスを選んでいる様子。20日には歌手の浜崎あゆみが、頭から氷水をかぶる動画をFacebookで公開して話題に。挑戦者は次の挑戦者として3名を指名する仕組みで、浜崎はEXILEのHIRO、AAAの浦田直也、そしてテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手を指名した。

 この“指名”を受けた芸能人は多数おり、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳も同日、ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏より指名を受け、「アイスバケットチャレンジ参加させて頂きました」と動画を公開。キングコングの西野亮廣も、「どうせALSのことを知ってもらうなら、より多くの人目についた方がいいだろうと思って」と、大阪・道頓堀の真ん中で多くのギャラリーに見守られながら氷水をかぶり、「罰ゲームで人が救えるなんて最高じゃないか」と、この活動のメリットを称賛した。

 芸能人ばかりでなく、多くの著名人に活動は広まっており、元フィギュアスケート選手の安藤美姫さんも氷水をかぶる写真をFacebookに公開。また、ソフトバンクの孫正義社長や、2012年のノーベル医学・生理学賞の受賞者である山中伸弥京都大教授といった面々も。

 そのほか、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手や、ボクシングの亀田興毅選手なども指名を受けており、芸能界のみならず政財界、スポーツ界などなど、活動はまだまだ各方面に広がっていきそうだ。

 なお、日本ALS協会は、「頂いたご寄付は、ALS患者や家族が安心して療養が続けられる社会のために、大切に使わせて頂きます」とするとともに、「『アイスバケツチャレンジ』で、冷たい氷水をかぶることや、高額の寄付をすることは強制ではありません。皆様のお気持ちだけで十分ですので、くれぐれも無理はしないようにお願いします」と呼びかけている。
《花》

関連ニュース

特集

page top