【CommunicAsia 2014 Vol.1】日本電業工作、アジア向けアンテナ製品を展示アピール | RBB TODAY

【CommunicAsia 2014 Vol.1】日本電業工作、アジア向けアンテナ製品を展示アピール

エンタープライズ フォトレポート

日本電業工作のブース
  • 日本電業工作のブース
  • NTTドコモのLTE-Advancedアンテナ
  • コンバイナ―など複数展示
  • ビル向け平面アンテナ
  • アジア向けに開発しているアンテナ。広帯域でコストパフォーマンス重視
  • 【CommunicAsia 2014 Vol.1】日本電業工作、アジア向けアンテナ製品を展示アピール
  • ビル向けソリューションの説明
 日本電業工作は、シンガポールで開催されている展示会「CommunicAsia 2014」に初出展し、同社のセクターアンテナやコンバイナ―などを展示した。

 「日本は人口も減少していくため、絶対的なパイとしては海外の方が期待できる。アンテナ投資は海外の方が伸びると考え。海外向けモデルを開発している」とブースの担当者は話している。展示されていたアンテナも、日本でみられるような円柱型のものではなく、コスト重視の長方型のもので、ワイドバンド対応の製品だ。「マスプロダクションに適した価格優先で、月産10万本という世界になる」。

 ターゲットとしているのはインドを含むアジアだが、KDDIと住友商事が携帯電話事業に参入するミャンマーに注目しているという。

 このほか新興国向けとしては、平面アンテナを展示しながらビル向けのインドアソリューションを提案。33度ビームを2つ搭載しながらキャパシティ対策をとったものや、ビームの吹き込み角度や距離の関係などノウハウをアピールしていた。

 ブースのなかには、NTTドコモと共同でフィールドトライアルを行ったLTE-Advancedのアンテナも見ることができた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top