地上波テレビ番組の録画視聴、海外ドラマはリアルタイムの2.04倍……アニメ1.75倍を上回る | RBB TODAY

地上波テレビ番組の録画視聴、海外ドラマはリアルタイムの2.04倍……アニメ1.75倍を上回る

ブロードバンド その他

ジャンル別にみた「録画を含めた視聴」のリアルタイム視聴に対する比率(地上波放送番組のみ、5エリアの単純合計、全年代)
  • ジャンル別にみた「録画を含めた視聴」のリアルタイム視聴に対する比率(地上波放送番組のみ、5エリアの単純合計、全年代)
  • 性・年代別にみた比率
  • エリア別にみた比率
  • ジャンル別にみた地上波・BS放送の「録画を含めた視聴」のリアルタイム視聴に対する比率(5エリアの単純合計、全年代)
  • ジャンル別にみた録画した番組をタブレットやパソコンなどのテレビ受像機以外の機器で見る割合(地上波・BS放送を集計、5エリアの単純合計、全年代)
 野村総合研究所(NRI)は22日、地上波およびBS放送のテレビ番組について、視聴実態調査を行った結果を発表した。調査時期は3月3日~3月16日で、5エリア(北海道、関東、中京、関西、九州)に居住する男女個人7500名から回答を得た。

 それによると、地上波放送の番組に関して、「リアルタイム視聴(放送時間中の視聴)」と「録画を含めた視聴(リアルタイム視聴に加え、録画して後から見る分を加えたもの)」の比率を求めたところ、1.21倍であることが判明した。

 ジャンル別ではドラマを録画視聴する人の割合が高く、海外ドラマで2.04倍、日本のドラマで1.63倍だった。その他のジャンルで録画を含めた視聴の比率が高いものは、アニメ:1.75倍、映画:1.74倍など。スポーツ(1.11倍)、情報番組(1.06倍)、ニュース(1.02倍)などは、録画せずにリアルタイムでみている割合が高かった。

 地上波とBS放送を比較すると、録画を含めた視聴とリアルタイム視聴の比率は、地上波で1.21倍であったのに対し、BS放送の場合は2.02倍と、録画比率が高まる。BS放送で、録画を含めた比率が高いジャンルは、アニメ:3.53倍がトップ。以下、海外ドラマ:3.36倍、映画:2.89倍などの順となっている。日本のドラマは1.65倍で、地上波の1.63倍と同程度の水準だった。またニュースを録画する割合も高く、地上波:1.02倍に対して、BS放送のニュースは:1.15倍だった。

 録画した番組を、タブレットやパソコンなどテレビ受像機以外の機器で見る割合(地上波・BS放送の両方を含む)は4.9%存在した。ジャンル別では、ドキュメンタリーが6.4%、バラエティとアニメが5.3%、スポーツが5.2%となっている。海外ドラマは1.6%であり、テレビ受像機以外の機器で見られている割合は低かった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top