自分だけの“オリジナル環境音”を作れる「GREEN SHOWER」スペシャルサイト | RBB TODAY

自分だけの“オリジナル環境音”を作れる「GREEN SHOWER」スペシャルサイト

エンタメ その他

『Relamix』の作成、再生を選択できるTOP画面
  • 『Relamix』の作成、再生を選択できるTOP画面
  • 各鍵盤に環境音のソースが割り当てられた木製のピアノとキャンバス
  • 録音(保存)された『Relamix』
  • 他のユーザーが録音した『Relamix』を作成時や再生回数、ユーザー名、使用音源などで選ぶことも可能
  • アーカイブ再生画面
  • 『GREEN SHOWER』は4月14日全国発売
 ポッカサッポロフード&ビバレッジは4月14日、 無糖炭酸水「GREEN SHOWER」スペシャルWebサイトにて、リラックスとリフレッシュを体感できる“環境音ジェネレーター”『Relamix』を公開した。

 このスペシャルサイトは、ホップの香りを再現した同社新製品『GREEN SHOWER』の全国発売に合わせて公開されたもの。『Relamix』は、川のせせらぎ、葉のざわめき、虫の声や動物の鳴き声などの自然、主に森林に存在するさまざまな音を組み合わせて、自分だけの“オリジナル環境音”を作成できるコンテンツとなっている。

 サイトに表示される木製のピアノの鍵盤を押すと、森の葉のざわめきや水の音、虫の声や動物の鳴き声といった実際の音を選択でき、その音を鳴らす動物や植物の絵が真っ白なキャンバスに描き加えられる。「昼」モードと「夜」モードが用意されており、それぞれ音源やキャンバスに描かれるイラストパーツが切り替わる。たとえば、「夜」モードにすると夜の絵になり、虫はホタルに、鳥は夜行性の鳥に変わり、音響も夜の状態に(虫の羽音が大きくなる等)変化する。これに「月」を追加すると月が現れ、オオカミの鳴き声が追加されるといった内容だ。

 「これで完成」と思った状態で「録音するボタン」を押すと、組み合わされた音のステータスが保存(アーカイブ)され、自分だけの“Relamix”が完成。保存(アーカイブ)するだけでなく、MP3形式でダウンロードすることや、Twitter、Facebookのタイムラインにポスト(シェア)することも可能だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top